薬剤師辞めたいナビ

薬剤師を辞めたくなったら

仕事のストレスやプライベートな問題など退職を考えるきっかけは様々あると思います。今の環境で改善が望めないと判断できたら手際よく転職するのが得策といえます。

薬剤師として転職するなら薬剤師専門の転職サイトに相談してみましょう。リクナビ薬剤師業界No.1の転職成功実績を誇りますので、いろんな問題を抱えた転職であっても親身にサポートしてくれますよ。

薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
リクナビ薬剤師は豊富な転職実績を誇るリクルートグループによって運営されている薬剤師専門の転職サイトです。最大の魅力は3万5000件を超える豊富な非公開求人を取り揃えていることで、他では見つからない条件のよい内容も見つけられます。現在の職場に不満を感じて辞めたいと思っている方はもっとよい求人を探していくこともできるでしょう。コンサルタントによるきめ細かなサポートを利用すれば適性と希望にあった求人の紹介もしてもらえます。

マイナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
マイナビ薬剤師はコンサルタントの対応力が高く評価されている薬剤師の転職サイトです。仕事を辞めたいと考えている方が次の転職に成功するためのさまざまなサポートを行ってくれます。前の職場の不満を踏まえたうえでその人の適性に合った職場を探したり、条件・希望に合った求人の紹介を行ってくれます。さらに求人先との条件交渉の代行を行ってくれるため、十分に納得の行く形で転職できる万全の環境を整えやすい点も大きな魅力です。

薬キャリ 無料 全国 ☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
薬キャリは東証一部上場のM3グループによって運営されている薬剤師専門の転職サイトです。すでに多くの薬剤師の転職を実現してきた実績を誇っており、2012年には薬剤師の登録者数が業界トップになるなど高い評価を得ています。ひとりひとりの希望・条件にあった求人の紹介をモットーにしており、妥協をせずに希望通り、さらには希望以上の条件の求人を見つけられる豊富な情報網と手厚いサポートが魅力です。職場を辞めたいと考えている方も今の職場の不満を解消できるよい職場を探していくことができることでしょう。

ヤクステ 無料 全国 ☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
ヤクステはヘッドハンティンググループによって運営されている薬剤師専門の転職サイトです。特徴はさまざまな条件に合わせた求人を柔軟に提供してくれる点で、収入アップやキャリアアップ、家庭との両立とした事情にも適応できる求人を見つけられます。前の職場を辞めた原因を把握しておけばそれを避けて自分にとって働きやすい職場の求人を探していくこともできますし、専任スタッフによる適性にあった求人の紹介も役立てることができます。

ファルマスタッフ 無料 全国 ☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
今の職場を辞めたくなった場合は次の職場でその原因がない環境で働くことができるかどうかが転職を成功させるうえでのポイントとなります。ファルマスタッフでは80名にも及ぶ薬剤師専任のコンサルタントを擁しており、ひとりひとりの事情に応じたカウンセリングや求人情報の提供だけでなく、職場の内部事情の提供も行っています。求人情報ではなかなか知ることができない職場の実態についても詳しく知ることができるので転職成功のチャンスが広がるでしょう。

薬剤師を辞めたくなったら役立つ転職サイトランキング

薬剤師の10人に1人は1年の間に転職するとも言われており、転職が多い職業とされています。また実際に辞めるかどうかは別に「辞めたい」と思うことも多く、なかなかやりがいを感じられる職場で長く働き続けることが難しいことが窺えます。

また、専門的な知識・スキルを備えた資格ということもあり次の職場を見つけやすい点も転職を多くしている原因のひとつです。しかしだからといって辞めたくなったら辞めた方がいい、すぐに次の仕事が見つかるというわけでは決してありません。もし辞めたいと思った場合には本当に辞めるのが最善の選択肢なのか、転職するなら次の職場はどういった環境がよいのかをよくよく検討したうえで判断する必要があります。

薬剤師が陥りやすいのは衝動的に辞めた後にすぐに転職したはいいものの、その職場も合わずにすぐに退職してしまうケースです。その結果職場を転々として落ち着かず、キャリアを積み重ねていくことができなくなってしまいます。20代〜30代の段階でこうしたパターンにはまってしまうと、その後の薬剤師としてのキャリアに大きなマイナスになってしまいます。

薬剤師を辞めたくなったらまず何が原因でそう思うに至ったのかをよく検討してみましょう。薬剤の退職理由には仕事のプレッシャーや激務、人間関係の悩みなどさまざまな要素があり、ひとりひとり事情が異なってきます。この点はひとりひとりの性格や適性もあるためできるだけ客観的に自分が置かれている状況の把握に努める必要があります。コミュニケーションが苦手な人、ミスに対して過剰なほど神経質になってしまう人など、自分の正確と職場環境との相性もよく見ておきましょう。

その上で現在抱えている問題を解決する手段は転職しかないのか、衝動的にならず冷静に考えてみましょう。上司に相談してみるのもよい方法です。そのうえでもはや転職以外にない、という場合には先述した辞めたくなった原因を抱え込まないで済む職場の中から求人探しを行っていくことになります。人間関係の問題など求人情報だけではなかなか入手できない面もチェックする必要がありますから、どれだけ詳細な情報を入手することができるかも大事なポイントとなるでしょう。

薬剤師を辞めたくなったらまずこうした手順を踏んだ上で本当に辞めるのが適切な選択肢なのかを考慮したうえで適切な求人を探していける環境を整えていきましょう。第三者からのアドバイスもうまく活用するのもお勧めです。


Copyright (C)2016-2017 薬剤師辞めたいナビ All Rights Reserved.