性格別で働きやすい薬剤師の職場

薬剤師辞めたいTOP >> 転職ガイド >> 性格別で働きやすい薬剤師の職場

性格別で働きやすい薬剤師の職場

薬剤師の仕事は職場によってかなりの違いがあり、適性にも差が出てきます。性格によって向き・不向きが出てくる部分も多いため、今の職場を辞めたい、性格的に向いていないのではないかと悩んでいる方は給料や勤務時間といった待遇面だけでなく性格面の適性も考慮したうえで次の職場を探してみるとよいでしょう。

性格別の適性ではまず薬剤師は几帳面な人が向いているといわれますが、それがもっとも適性を発揮するのは調剤業務です。何百種類にも及ぶ薬剤を扱いながら意志の処方箋に基づいて適切な調剤を行っていくのは几帳面でなくては勤まらない面もあります。正確が求められ、失敗が許されないという点では精神的なプレッシャーも大きい職場なのですが、几帳面で仕事をきっちりとこなせる人ならそれほど負担にはならないでしょう。一方、ドラッグストアなどノルマが課せられている職場ではこの几帳面さが自分を追い詰めてしまうこともあるので注意したいところです。他には病院や製薬会社での医薬品の管理の仕事にも適性が期待できます。

コミュニケーション能力が高い人、人と接するのが好きな人は接客業の要素が高いドラッグストアやMRなどに適性が見られます。ドラッグストアでのOTC業務はただ商品を扱うだけでなく、お客さんが抱えている症状や求めている薬剤、さらに希望なども考慮したうえで適切な医薬品を提供するという重要な役割を担っているため、薬剤師としての知識を活かしつつ接客を行っていけるのがポイントです。その分やりがいを持ちながら働き続けることができるでしょう。MRは営業職としての要素が強く、成果主義が導入されていることが多いだけに能力面での適性も求められますが、コミュニケーション能力が高い人の方が成功するチャンスが大きいといわれています。

集中力と協調性を備えた人なら病院薬剤師がお勧めです。几帳面さやコミュニケーション能力とも関わってきますが、何よりも真面目で仕事に対してやりがいを目指している人に向いているのが病院薬剤師です。チーム医療への参加、高度な医薬品の扱いなど、病院薬剤師は他の職種では決して経験することができない薬剤師としての醍醐味を味わうことができる職場です。夜勤が多いなど就業環境の面で厳しい職場といわれますが、やりがいや充実感はそれを補って余りある魅力をもたらしてくれるはずです。

そのほか探究心や研究熱心な人、ひとつのことに集中して取り組むのが好きな人は製薬会社での開発・研究職が向いているでしょう。こうして見ても性格によってさまざまな職場で適性を見いだせることがわかります。自分がどの仕事に向いているのかを確認してみるとよいでしょう。

薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C)2016-2017 薬剤師辞めたいナビ All Rights Reserved.