分野別の薬剤師の自己PR

薬剤師辞めたいTOP >> 転職ガイド >> 分野別の薬剤師の自己PR

分野別の薬剤師の自己PR

薬剤師転職の成功のカギを握るのが、履歴書の自己PR欄です。履歴書の内容次第で採用の可否が決まることがあるというほど、履歴書はとても重要な書類です。履歴書の自己PR欄は自分の可能性や得意分野をアピールできる数少ない機会になるので、自己PRを作成する場合には、よく考えてから取り組むことが大切になります。採用担当者は面接の前に自己PR欄を入念にチェックします。採用担当者はまず採用したい人物像に合っている人材かどうかを確かめたいと思っているからです。自己PR欄の内容が希薄だと採用担当者は採用可能性順位を下げてしまうため、応募者にとって非常に不利になります。履歴書の自己PR欄を最大限に活用して、薬剤師転職を成功させましょう。

採用担当者が履歴書をチェックする際にまずどの部分に特に注意を向けるかというと、学歴や職歴、志望動機ではなく、自己PR欄です。もしかしたら学歴や職歴を重視するのではと思っていた人もいるかもしれませんが、それは大間違いです。もちろん学歴や職歴も採用の際に参考にしますが、勤務することになった場合、学歴はそれほど重要ではなくなります。このことを知っておくなら、自己PR欄を入念に準備する必要性が分かるはずです。自己PR欄に記入する際にまず心がけたいのは、簡潔かつ分かりやすい文体です。枠が限られているので、小さな字で自己PRを書き連ねる人がいますが、あまりに多くの情報が書かれていると、面接官はそのような履歴書を後回しにする傾向があります。そうならないためには、大まかな文章を考えてみて、そこから必要なものとそうでないものとを振り分けることが大切です。

自己PRの情報が大体まとまったなら、その中で特に自分が重要視したい項目をピックアップします。内容が前向きかどうかもチェックしてください。ネガティブな情報が少しでもあれば、そぎ落とします。なぜ前向きな自己PRが大切なのかというと、転職するきっかけになったのが、ネガティブな要因ではないことを採用担当者にアピールできるからです。ネガティブな情報があると、採用担当者はもしこの人を採用したら、離職されてしまう可能性が高くなると考えて、警戒してしまいます。加えて自己PR欄には他の欄(志望動機や職歴など)の情報が入らないようにします。志望動機や職歴などが重複してしまうと、それぞれの項目が目立たなくなってしまうからです。自己PRの作成は自分を見つめなおす機会になります。入念に準備して採用担当者の目に留まりやすい文章を作成しましょう。

薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C)2016-2017 薬剤師辞めたいナビ All Rights Reserved.