薬剤師の円満な退職理由

薬剤師辞めたいTOP >> 退職ガイド >> 薬剤師の円満な退職理由

薬剤師の円満な退職理由

職場を辞めるときには立つ鳥あとを濁さずのたとえの通り、なるべく円満に辞めることが大事といわれます。この点は薬剤師も同様で職場トラブルになってしまったり、迷惑をかける形で一方的に辞めてしまうようでは一人前の社会人とは言えませんし、こうしたトラブルが転職活動に悪影響を及ぼしたり、精神的な負担になってしまうこともあります。薬剤師はもともと真面目で几帳面な人が多く、また精神的な負担から退職せざるを得ない状況に追い込まれることも多いだけに、スッパリと円満に辞めることが大事です。

そんな薬剤師の円満な退職で重要なのが上司に伝える退職理由です。退職理由といえば転職活動の際に前の職場についてネガティブなことを並べ立てるのは避けなければならないとよく言われますが、退職する際に関しては少々事情が異なってきます。どうして辞めるという決断に至ったのか、職場になんらかの問題があって転職を決意した場合にはそのことを正直に伝えるべきでしょう。これは本人の問題だけでなく同じ理由で退職する薬剤師がこれからも現れるのを防ぐ上でも大事なポイントです。人手不足に陥っている職場は定着率が低く、入職した薬剤師が長く働き続けられない問題を抱えているケースが少なくありません。そうした面を辞める立場から指摘しておくことは決して無駄ではありませんし、最後まで職場のことを考えてるんだな、との印象を上司に持たせることもできます。

ただしこの点に関しては極力客観的な指摘に留めることが大前提です。いくら職場の環境に問題があるからといって不満を並べ立てるような指摘の仕方だとお互いいい気持ちがしませんし、上司も耳を傾けてはくれないでしょう。感情的になればなるほど、一方的な不満になってしまえばしまうほど「本人のわがままで不満を感じているだけ」との印象をもたれてしまいますから、できるだけ説得力を持たせるうえでも客観的な内容での指摘が求められます。

こうしたやり取りが難しいという場合、あるいは職場環境にとくに不満があるわけではなく年収アップやキャリアアップのために退職する場合にはお互い不快な思いをしないで済むような適当な理由を用意するのもひとつの選択肢です。深刻な悩みや不安を感じていない場合にはこうしたある意味無難な退職理由の方がよいかもしれません。その場合にはネガティブな理由は封印し、将来のビジョンなどポジティブな内容だけでうまく考えていきましょう。

こうした点を踏まえた上で退職理由を考えていれば職場と余計なトラブルを抱えることなく円満に辞めることができるはずです。

薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C)2016-2017 薬剤師辞めたいナビ All Rights Reserved.