薬剤師の退職の伝え方

薬剤師辞めたいTOP >> 退職ガイド >> 薬剤師の退職の伝え方

薬剤師の退職の伝え方

これまで勤務していた職場に退職願を提出するのはとても緊張するものです。退職希望を伝える場合、伝えるタイミングや伝え方が成功を左右します。立つ鳥跡を濁さずという言葉の通り、円満退職を目指したいと思うことでしょう。伝える際の言葉の用い方一つで状況が大きく変わってしまう可能性があるので、できるだけ慎重に行うことをおすすめします。退職を決めたなら、まずしておきたいのが気持ちの整理です。本当に今の職場を辞める必要があるのかを含めて冷静に考えてください。なぜ辞めることになったのか、今後はどうしたいと思っているのか、辞める以外に選択肢はなかったのかといったことを客観的に考えます。そうすることで、辞める決意が変わらないことを確認できますし、退職を自信をもって伝える動機づけが得られます。

退職は、伝えるタイミングを考えてください。できるだけ前もって経営者もしくは上司に退職の希望を伝えることをおすすめします。その理由は引継ぎが関係してくるからです。経営者や職場の上司はあなたがこれからも勤務してくれることを見越して事業計画を立てているかもしれません。一人でも薬剤師が抜けてしまうなら、計画が頓挫してしまう可能性があるわけですから、できるだけ前もって伝えるのは親切なことといえるでしょう。可能であれば2〜3カ月前に伝えるのが理想的です。伝える場合、いわゆる多忙なときに伝えないようにしてください。忙しい時に退職届を伝えてしまうと、相手の感情を害してしまい、スムーズに退職ができなくなる可能性があるからです。場の雰囲気を確認して、それほど忙しくないときに伝えるようにしてください。

退職希望を伝える場合、経営者もしくは上司に時間を取ってもらえるようにお願いすることをおすすめします。あくまでお願いするようにし、時間を取ってもらわないと困るといった態度は示さないようにしてください。できるなら周りの同僚がいない状況で伝えられるようにしてください。退職願が他の上司よりも先に同僚に伝わってしまうと、気まずい雰囲気になってしまう可能性が高いからです。退職理由は簡潔かつ分かりやすく伝えるようにします。決してしどろもどろになったり、小さな声で聞こえなかったりしないようにしてください。自分の可能性を試したい、スキルアップを目指したい、といった理由を伝えるだけで大丈夫でしょう。退職希望を伝えたら退職届の提出も忘れずにしてください。

薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C)2016-2017 薬剤師辞めたいナビ All Rights Reserved.