薬剤師の退職届書き方

薬剤師辞めたいTOP >> 退職ガイド >> 薬剤師の退職届書き方

薬剤師の退職届書き方

薬剤師が今勤務している会社を辞めたい場合、自己都合による退職に該当するため、自分から退職届を提出する必要があります。退職届を提出する前に、退職届の書き方や提出の時期を押さえておくのはとても大切です。

退職届は自分の意思を会社に伝える重要な機会になるため、慎重に準備を進めることをおすすめします。退職届を準備する場合、いつ退職するかをある程度計画しておくとよいでしょう。退職時期が決まれば、それに合わせて書類の準備を進められますし、今行っている業務の引継ぎを進められるからです。退職届を退職直前に提出すると、さまざまな問題を引き起こす可能性があります。場合によっては雇用契約違反と判断され会社から損害賠償を請求される可能性もあるので、十分前もって準備を進めるようにしてください。

退職届の準備はできれば退職する2カ月前くらいから始めるとよいでしょう。退職届には会社が定める書式と、個人で提出する場合とに分かれます。もし職場に退職届が準備されている場合には、その書式を前もって確認しておいて、下書きの作成をしてください。記入する内容は書式に沿ったものであるべきですし、楷書で丁寧に記入します。個人で準備する場合、書き方に十分注意してください。縦書きにするか横書きにするかですが、一般的に退職願は縦書きで作成します。退職願という言葉を書類の一番右側中央に記入します。個人的な理由による退職になるため、「私事」という言葉を次の行の一番下に記入します。その次は退職理由の記入です。内容は簡潔かつ明快なものでなければいけません。一般的に退職願には「一身上の都合により」という文言を付します。細かい理由を記入する必要は一切ありません。

退職理由に続けていつをもって退職するのか、その日付を記入します。ただし退職希望日は自分で勝手に選べるわけではなく、職場の上司、もしくは雇用者と相談して決めるようにしてください。そのため退職願の下書きを書き終えてから相談するほうが良いでしょう。退職理由を記入したなら次は退職願を書いた日付と名前を記入します。チェーン店や支店での勤務であるなら、支店名や店舗名を正確に記入してください。そして署名捺印を行います。あて先は雇用者もしくは代表取締役社長宛てになります。あて先は退職願の一番左側最後の行に記入するようにしてください。経営者の名前を記入する場合は、○○殿と書くようにします。最後に誤字脱字がないかを確認し、封筒の表面に退職願もしくは退職届と記入し、裏面に所属と氏名を記入します。

薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C)2016-2017 薬剤師辞めたいナビ All Rights Reserved.