退職を説得された場合

薬剤師辞めたいTOP >> 退職ガイド >> 退職を説得された場合

退職を説得された場合

薬剤師が退職願を持ち出そうとするときに起こる可能性があるのが、経営者や上司からの説得です。長く勤めてきた人であれば、上司からの信頼を得ている場合が多く、突然の退職願に戸惑ってしまい、退職を思いとどまらせようとするケースが少なくありません。

ドラッグストアの新規出店が相次いでいるため、薬剤師が不足している薬局や院内薬局は少なくないため、できればそのまま留まってほしいと訴えてくることもあります。退職願を提出する際、すでに退職の意思が固まっている人がいる一方で、中には本当のところ、まだ決めかねているという人もいます。状況により退職を思いとどまるよう説得された時には取るべき行動が異なる場合があるのです。

まず考えたいのは退職願を提出したものの、今の職場で働き続けてもよいと考えている場合についてです。このようなケースでは、自分が退職したくなった本当の理由を思い起こしてみると良いでしょう。今の報酬などの待遇に不満があるでしょうか。人間関係でストレスを感じているのでしょうか。もし上司に相談する機会がなかったのであれば、説得された時点で今の気持ちを上司や経営者に伝えると良いかもしれません。思わぬ良い結果が出る可能性があります。待遇が改善されたり、難しい関係になっている同僚と接点がなくなるように、勤務先を変更してくれたりすることがあります。提示してくれた条件が自分の希望にかなっているのであれば、無理に退職する必要はないかもしれません。提示された条件が自分の希望と相いれない場合は、退職する意思を明確に示しましょう。

退職する気持ちが固く、どんな条件を提示されたとしても受け入れる意思がない場合、自分の意思をはっきりと示す必要があります。これまでお世話になったことへの感謝を示しつつも、なぜ退職を決めたのかを簡潔に伝えてください。退職願を伝える際にしてはいけないのが、恨み節のような気持ちを表すことです。できるだけ謙虚な姿勢でかつ一歩も引かない態度で臨みます。退職を踏みとどまるように説得されたとしても、意志が固いことを表してください。少しでも気持ちが揺らぐような態度を示すと、もしかしたらとどまってくれるかもしれない、という期待を経営者や上司に抱かせてしまいます。そうならないためにも、あいまいな伝え方はしないのが最善です。態度が固ければ相手は諦めます。退職願を伝える時には、モチベーションを上がりやすい体調が安定している時を選ぶと良いでしょう。

薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C)2016-2017 薬剤師辞めたいナビ All Rights Reserved.