退職前に薬剤師の優先順位を考えよう!

薬剤師辞めたいTOP >> 退職ガイド >> 退職前に薬剤師の優先順位を考えよう!

退職前に薬剤師の優先順位を考えよう!

今の職場を辞めたいと思った場合には衝動的に辞めたりせず、十分に準備を整えたうえで行動に踏み切るよう心がけましょう。まず退職の準備をしっかり行わないと職場との間に思わぬゴタゴタが生じて転職活動の妨げになってしまう恐れもありますし、退職した後に転職先を探すのではブランクが長くなってしまうケースも出てきます。

そんな退職前の準備で大事なのは次の職場探しを行っていくうえでの優先順位を決めておくことです。求人をチェックしていくうえでどの点を重視するのか、どの程度まで受け入れられるのかをよく考えておかないと適切な判断が難しくなりますし、いつまで経っても納得のいく転職先を見つけられなくなります。

求人探しを行っていく際にはどうしても「あれはいやだ、これもいやだ」「あれがいい、これがいい」と希望や条件を次々と並べてしまい、それに合った求人を探しがちです。しかしこうした条件をすべて満たした求人を見つけるのは非常に困難ですから、現実的な視点で探していくことが必要なのです。

また、優先順位をつけておかないと、どの求人がもっとも自分に合っているのか見極めるのが難しくなってきます。例えば高収入な職場と就業環境にゆとりのある職場からの求人が見つかった場合、優先順位をあらかじめ決めておかないとどちらがよいのかなかなか判断できません。しかも条件のよい求人であればあるほどすぐに応募か集まってしまいますから、あれこれと悩んでいる間に締め切られてしまった、などといったことも起こりえます。

この優先順位は正しい選択ができるか、後で公開しないかどうかという点でも大事です。例えばある求人で収入面は恵まれているけれども就業時間がちょっと厳しめのところがあったとします。収入面を第一条件としたうえで採用されたなら少々就業環境が厳しくても我慢する気になりますが、優先順位を決めない状態だと「こんなことならもっともゆとりのある職場にすればよかった」と後悔する可能性が高くなってしまうのです。

優先順位に関しては希望だけでなく今の職場への不満も踏まえたうえで慎重に考えていくことが必要です。今の職場で不満に思っている環境、辞めたいと考えるに至った原因を抱えていないかどうかも考慮するわけです。「こうした条件が欲しい」よりも「こうした点はないほうがよい」の優先順位を高くして求人を探していく方法もひとつの選択肢となるはずです。退職する前に自分が働くイメージと将来のビジョンを描いたうえで「自分がなりたい薬剤師」になれるための優先順位を考えておきたいところです。

薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C)2016-2017 薬剤師辞めたいナビ All Rights Reserved.