介護で辞めたい薬剤師

薬剤師辞めたいTOP >> 薬剤師の辞めたい理由 >> 介護で辞めたい薬剤師

介護で辞めたい薬剤師

薬剤師を辞めたい理由に介護があります。親や家族の介護は精神的にも体力的にも楽なものではありません。毎日の生活に直接関わってくるからです。ヘルパーなどに依頼して介護をしてもらうことはできるとしても、生活全体の介護をしてもらうということは事実上不可能です。そのような場合、家族が必要な介護をしなければいけません。

薬剤師の仕事をしながら、親や家族の介護をする場合、2重のストレスを抱えることになるため、精神的な限界を感じてしまい、辞めたくなることがあります。薬剤師を辞めたいと思うようになったら、いくつかの要素を考える必要があります。それは介護がどれくらいの期間続く可能性があるのか、介護と仕事を両立させるのとそうしないのとではストレスがどれくらい減るのか、薬剤師の仕事を辞めた場合、生活にどれほどの影響が出るのかという点です。

介護と仕事の両立はどうして難しいと言われるのでしょうか。中には介護と仕事を両立させている薬剤師がいますが、仕事の内容によって両立が可能かどうかが変わってきます。例えばパートタイムで薬剤師をしているのであれば、ヘルパーが来ている時間帯に仕事を入れることが可能かもしれませんが。これはあくまでパートタイムの薬剤師に限ります。正社員の場合、パートタイムのようにフレキシブルに予定を変更できるわけではありませんし、勤務する薬局やドラッグストア、病院によっては勤務形態がシフト制になっていて、介護との両立が事実上できない職場もあります。こうしたことを考えてみると、介護と薬剤師を両立させるというのはかなり難しいことがわかるはずです。

介護をしていると、先が見えないことに失望してしまうかもしれません。おまけに薬剤師として仕事をしているときに、何らかのトラブルが発生した場合、そのことが気がかりになってしまい、仕事が手につかなくなる可能性があります。調剤薬局では少しのミスも許されないわけですから、もし介護のことで頭がいっぱいになっているとすると、仕事上のミスをしてしまう可能性は十分にあり得るわけです。小さなミスが大きな事故を招く可能性があることを考えると、正社員として勤務している薬剤師であれば、今の状況を一旦リセットさせたいと思うかもしれません。そのような場合にはパートやアルバイトの薬剤師の仕事への転職を考えることもできるでしょう。介護の状況が改善するのを待ってから就職活動を再開させるという方法もあるかもしれません。

薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C)2016-2017 薬剤師辞めたいナビ All Rights Reserved.