子育てと両立できないので辞めたい薬剤師

薬剤師辞めたいTOP >> 薬剤師の辞めたい理由 >> 子育てと両立できないので辞めたい薬剤師

子育てと両立できないので辞めたい薬剤師

薬剤師の仕事は医薬品を扱うため、他の職種からすると楽な仕事に見えるようです。実際に薬剤師として勤務している人に尋ねると、薬剤師の仕事は決して楽ではなく、むしろ新薬についての情報を学んだり、副作用に関する最新の情報を取り入れたりする必要があるため、勤務時間以外にするべきことがたくさんあるといった答えが返ってきます。つまり薬剤師は勤務時間以外に仕事に関連したことがたくさんあるため、実際の仕事内容はハードであることが分かります。このようなことが背景にあるため、子育てをしながら薬剤師の仕事を両立することに難しさを感じている人が少なくありません。薬剤師を辞めたい理由に子育てとの両立が難しいという意見が目立ちます。

ドラッグストアや調剤薬局に勤務する薬剤師が子育てとの両立を難しく感じる理由として、託児所の不足が挙げられます。調剤薬局や院内薬局によっては託児所を併設しているところがありますが、まだまだその数は多いとは言えず、地方となると託児所自体がないというところがほとんどを占めています。結局薬剤師が仕事をする環境がまだ整っていないところが多いため、今の仕事に限界を感じてしまう薬剤師が増加しているのです。行政が対策を講じてくれるのであればよいのですが、実情は全く異なります。託児所や保育所が不足しているのは慢性的な問題になっていて、根本的な解決には至っていません。環境さえ整っていれば仕事が続けられるのにと悔しさをにじませる薬剤師もいます。

子育てには時間やエネルギーが必要ですし、子育て中に生じる問題やストレスもあります。そのようなことが脳裏から離れないと、仕事に集中できず、ミスをしてしまう可能性が高くなります。薬剤師が調剤でのミスをすると、患者の命に係わる重大な問題に発展することもあるので、ミスは許されません。仕事と子育ての両方からくるプレッシャーが薬剤師を辞めたい理由につながっていきます。こうした問題を解決するためには、いったん子育てのために今の仕事を辞めるか、託児所を併設している薬局や病院、クリニックに転職する以外に方法がありません。薬剤師の仕事を辞めたくないのに、仕方なくやめることになった、という人が増加しているのはそのためです。思い切ってやめることで、現状をリセットさせることができますが、なかなか踏み切れないという人もいます。やめることで収入が減り、生活ができなくなる可能性があるからです。

薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C)2016-2017 薬剤師辞めたいナビ All Rights Reserved.