コミュ障で辞めたい薬剤師

薬剤師辞めたいTOP >> 薬剤師の辞めたい理由 >> コミュ障で辞めたい薬剤師

コミュ障で辞めたい薬剤師

コミュニケーションの問題で退職を余儀なくされてしまうケースが職種を問わず増えています。薬剤師も例外ではなく、コミュ障の人にとっては厳しい状況を迎えているともいえます。

この薬剤師のコミュニケーションの問題に関してはここ10年ほどの間に急速に進んだ業務・役割の多様化が大きな要因になっていると考えられます。簡単に言えば以前に比べて薬剤師にコミュニケーション能力が問われるようになっているのです。

例えば調剤薬局では昔は特定の病院の処方箋を扱うことが多く、医師の処方箋に基づいて調剤・服薬指導を行うがおもな仕事内容でした。しかし現在では「かかりつけ薬局」の重要性が指摘されるなど、地域密着型、より利用者と寄り添った形での薬局運営が求められており、利用者の要望に応える形で幅広く医療機関からの処方箋を扱うようになっています。そうなると扱う診療科も広くなり、調剤する薬剤の種類も増えます。さらに医師の処方箋に従って調剤を行うだけでなく、ひとりひとりの健康状態、服薬環境、薬歴などを踏まえたうえで本当にその薬剤が適しているのか、副作用などのリスクがないかどうかを判断する必要も出てきます。そうした役割をしっかりこなすためには利用者ひとりひとりとのコミュニケーションが求められ、一方的に薬の使い方を説明する従来の服薬指導ではなりたたなくなっています。

病院薬剤師ではさらに積極的なコミュニケーション能力が求められるようになっています。チーム医療への参加やがん治療や救急救命など高度な治療への参加から患者の健康状態や薬歴をしっかり把握することが求められるだけでなく、医師や看護師といったスタッフとの連携も必要になっているため、さまざまな面でコミュニケーション能力が問われているのです。

他にも製薬会社では新薬の企画・開発においてマーケティングやプレゼンテーション能力が求められるなど、広くコミュニケーション能力が鍵となりつつあります。

そのためコミュ障の人は薬剤師としての能力ではなくコミュニケーション能力の不足が原因で仕事を続けられなくなってしまうケースが増えているのです。利用者とのコミュニケーションがうまくとれないばかりに文句を言われたり、低い評価に甘んじなければならない、チーム医療にうまく馴染めないために病院薬剤師には相応しくないと評価されてしまう…仕事そのものにはやりがいを感じているのにコミュニケーションがうまく取れないばかりに辞めざるを得ないこともあります。こうしたケースは今後ますます増えていくことが予想され、コミュ障の方はまずコミュニケーション能力があまり精神面の健康も考慮した上で職場探しをしていく必要も出てきています。

薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C)2016-2017 薬剤師辞めたいナビ All Rights Reserved.