家族が養えなくて辞めたい薬剤師

薬剤師辞めたいTOP >> 薬剤師の辞めたい理由 >> 家族が養えなくて辞めたい薬剤師

家族が養えなくて辞めたい薬剤師

薬剤師のキャリアは30歳前後くらいでひとつの大きなターニングポイントに差し掛かります。結婚して家庭を持つことでこれまで働いてきた職場でこのまま続けていいのか、あるいは思い切って職場を変えるべきか、検討を迫られることが多くなるのです。女性薬剤師の場合は結婚・出産による離職・転職といった転機も訪れるでしょう。こうした時期にはこれまで培ってきたキャリアや現在の年収、就業環境、これからどれだけ昇給・キャリアアップが期待できるかといったことを色々と考えるものです。その結果現在の職場に不満を感じたり、将来に不安を感じるケースも出てきます。このまま今の職場で働き続けたのでは家族を養えない、と転職を迫られることもあるのです。

この家族が養えなくて辞めたいケースのポイントはまず年収です。結婚して子供もできれば当然家計の負担が増すわけですが、それに対して十分な収入を確保できるかどうかが最大のポイントとなるのです。その場合、現在の年収だけでなく将来の年収がどうなっていくのかも考慮したうえで辞めるかどうか、転職するかどうかを検討する必要があります。子供が大きくなればさらに出費が増す以上、収入アップが期待できるかどうか将来の収入環境も見ておかなければならないわけです。とくに薬剤師は調剤薬局に代表されるように昇給が早い段階で頭打ちになってしまうことが多いだけに重要なポイントです。

年収を不満に辞めたいと感じる場合、純粋に金額が高いか安いかではなく仕事に対する不満、「大変な仕事をしているのに十分な対価を得ていない」と感じて転職を検討するケースが見られますが、家族を養えなくて辞めたいと感じる場合にはそうした主観的な理由ではなく実際に年収をどれだけ得ているかが判断の鍵となります。そのためどうしても年収が高い職場に魅力を感じて転職を希望してしまいがちですが、この点には注意が必要です。

薬剤師の職場に関しては人手不足なところほど年収などの待遇がよい傾向がかなり明確に見られます。つまりだれもやりたがらないような仕事・職場ほど年収が高く、魅力的に見えるわけです。職場に対する不満で辞めたいと思った人ならこうした求人には警戒心を抱きますが、家族が養えないからもっと高収入を、と転職を検討している人はこうした求人についつい惹きつけられてしまう面もあります。

またいくら家族を養える年収がもらえる職場でも連日の残業や休日出勤、夜勤が多い職場では家庭生活そのものが成り立たない恐れがあります。こうした点も考慮したうえで将来のライフプランも考慮に入れながら家庭生活と両立できる職場を探していくことが大事です。

薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C)2016-2017 薬剤師辞めたいナビ All Rights Reserved.