人間関係がストレスで辞めたい薬剤師

薬剤師辞めたいTOP >> 薬剤師の辞めたい理由 >> 人間関係がストレスで辞めたい薬剤師

人間関係がストレスで辞めたい薬剤師

人間関係はどの職業でも悩みの種、そして大きな退職理由となります。薬剤師は看護師などに比べると人間関係の悩みを抱えにくいとも言われていますが、この職業ならではの事情でトラブルを抱えてしまうことも多く注意が必要です。

人間関係がストレスで辞めたくなった場合には何が直接の原因でそう思うに至ったのかをよく確認しておきましょう。薬剤師の就職・転職先が多様化していくなか、さまざまなケースで人間関係のトラブルが起こるようになっているのです。ですから、転職を考える場合には自分がストレスをもたらすような環境がない職場を探していくことが大前提となるわけです。

例えば調剤薬局の場合は数人程度の薬剤師で運営されているために、閉鎖的な環境に陥りやすいことが人間関係のストレスをもたらす要因と言われています。少人数の職場ほど人間関係の相性がはっきり出る傾向があるうえ、毎日の仕事がルーチンワークのようになってしまい、仕事そのもののストレスが人間関係の悪化に拍車をかけてしまうこともあるのです。それから病院薬剤師の場合は、夜勤や残業といった忙しい就業環境が人間関係のストレスをもたらしてしまうケースがあります。例えば残業続きの忙しい環境にも関わらず、ある薬剤師だけは残業なしで働くことを許されているといった場合、どうしても不公平感が漂ってギクシャクしてしまう傾向が見られます。ノルマなど成果主義が導入されている職場ではライバル意識や嫉妬などが人間関係のストレスをもたらすこともあります。

人間関係がストレスで辞めたくなった場合には自分がどのような環境で働き、どういった事情でストレスを感じるようになったのかをまず考えてみましょう。例えば激務の環境で残業や、夜勤を担当しない人への不満がストレスになっている場合には、そうした人の事情を改めて見直してみるのです。その人は子育てや介護で忙しく残業ができないのかもしれませんし、実際には残業を担当している薬剤師以上に大変な生活を送っているのかもしれません。また同僚にライバル意識や嫉妬を覚えている場合には人と比較することがどれだけ意味がないことなのか、自分を見つめなおしてみましょう。ほとんどの場合は自分の過剰な思い込みに過ぎないものです。

年収や就業時間の不満と異なる人間関係のトラブルは転職したからといって必ずしも解消される保証がないのが厄介な点です。むしろますます厄介な環境に陥ってしまう恐れもありますから、まず退職するほどのトラブルなのか、そして転職する場合には職場の内部事情にまで踏み込んだ入念な情報収集を行うことを忘れないようにしましょう。

薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C)2016-2017 薬剤師辞めたいナビ All Rights Reserved.