管理薬剤師が嫌で辞めたい薬剤師

薬剤師辞めたいTOP >> 薬剤師の辞めたい理由 >> 管理薬剤師が嫌で辞めたい薬剤師

管理薬剤師が嫌で辞めたい薬剤師

管理薬剤師といえば薬剤師にとってキャリアアップの第一歩ともいうべきポストです。まずこの管理職をきっかけにさまざまなキャリアを積み重ねていく職場が多く、キャリア志向が高い薬剤師にとっては最初の目的で、この職につけるチャンスがあるかどうかが就職・転職先を決める上での重要なポイントとなるはすでず。しかし場合によってはこの管理職に就いたばかりに仕事をやめたくなってしまうこともあります。

管理薬剤師になれば将来のキャリアの道が開け、年収アップが期待できるのは事実です。しかしその一方で就業環境の変化などから負担が大きくなったり、薬剤師としてのやりがいを感じられなくなってしまう面もあるのです。そのためせっかくよい職場と思える環境で頑張ってきたにも関わらず管理薬剤師になったら辞めたくなってしまうケースも見られます。

管理薬剤師が嫌で辞めたくなる理由にはいくつかのパターンがありますが、その中にはメリットと背中合わせにあるデメリットも含まれています。管理職に就くことで大きな責任を任せられるようになるのがメリットですが、その一方で負担が重くなるのです。これまで調剤業務と服薬指導の業務に専念していた環境から部下となった薬剤師の教育・指導、さらには在庫管理のための業者との交渉などさまざまな業務が加わるようになったことで、心身への負担が重くのしかかるようになってしまうのです。「これなら管理薬剤師にならなければよかった」と忙しい日々の中で後悔する可能性もあります。

負担が重くなる点とも深く関わってきますが、薬剤師本来の仕事が減ってしまう点も辞めたくなる大きな原因です。先述したように調剤業務や服薬指導以外の役割が増えていることで肝心の薬剤師としての仕事が減ってしまうのです。ドラッグストアでの管理薬剤師ともなるとその後で店長、エリア長などキャリアを重ねていくに従ってどんどん本来の役割が減っていく面もあります。あくまで薬剤師としての仕事をしたい、調剤業務にやりがいを感じているといった方には向いていない面もあるわけです。

もうひとつ、こちらは就業環境と深く関わってくる重要な問題となるのですが、職場によっては残業代が出なくなるケースがあることです。その代わり管理職の手当がつきますが、残業が多い職場ではそれだけで残業代が出ないデメリットの埋め合わせにはならないことがほとんどです。

こうした管理薬剤師ならではの事情でせっかく管理職についても嫌になって辞めたいと思ってしまうケースも決して少なくないのです。

薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C)2016-2017 薬剤師辞めたいナビ All Rights Reserved.