結婚で辞めたい薬剤師

薬剤師辞めたいTOP >> 薬剤師の辞めたい理由 >> 結婚で辞めたい薬剤師

結婚で辞めたい薬剤師

男女比が3:7といわれる薬剤師では女性薬剤師が結婚を機に辞めるケースが非常に多いのが特徴です。ただ結婚による退職でも自分が望んで辞めるのか、辞めざるを得ない状況に追い込まれてしまうのかで事情が大きく異なります。

結婚を機に家庭に入るつもりで辞めるなら問題はないのですが、働く意志があるにも関わらず辞めなければならないケースが多いのも薬剤師の厄介な点です。人手不足とも言われている一方、こうした結婚で辞めざるを得ない女性薬剤師が少なくない現状がその大きな原因ともなっているのです。

結婚で辞めたくなるケースではまず就業環境の問題があります。残業や夜勤、休日出勤が多い職場では家庭生活との両立が難しく結婚生活に支障をきたしてしまう可能性が出てくるのです。この点は病院や製薬会社、SMOで勤務する薬剤師に多く見られるもので、よりゆとりのある職場で働きたいと退職を検討しはじめるのです。

この点は現在働いている職場がどれだけ配慮してくれるかどうかで、本当に辞めるかどうかの違いが出てきます。家庭生活や子育てとの理解がある職場ではシフトを変更するなどとして結婚した後も働き続けられる環境が得られます。そのため辞める必要はないと考え直すことが多いのですが、そうした配慮がなく独身時代と変わらない就業環境を強いてくる職場ではもう続けられないと本当に退職してしまうことが多いのです。

ですから結婚を機に辞めたいと思った場合には退職に踏み切るまえに家庭生活に合わせた就業環境に改められないかどうかを確認しておきましょう。その際には上司に相談する前に自分の中でどういった環境なら家庭生活との両立ができるのかを確認しておくことが大事です。自分の希望ばかりを一方的に並べ立てるのではなく、職場の人手・シフトの状況も踏まえた上で妥協できる範囲内で検討していきましょう。これで職場がまったく聞く耳を持っていない場合には、早めに見切って退職した方が面倒に巻き込まれずに済みます。

もうひとつ注意したい点としては結婚生活と仕事との両立に対して理解がある職場かどうか。これは現在の職場に留まる場合でも転職する場合でも大事な点です。残業なしや休日出勤を行わない環境で働くことができても同僚から嫌がらせなどを受けてしまうようなケースもあるため、今度は人間関係のストレスから辞めたくなってしまう恐れが出てくるからです。こうした点に十分注意したうえで続けるか辞めるかを検討し、辞める場合には転職先の職場環境をよく調べた上で判断することが求められます。

薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C)2016-2017 薬剤師辞めたいナビ All Rights Reserved.