モチベーションが上がらないので辞めたい薬剤師

薬剤師辞めたいTOP >> 薬剤師の辞めたい理由 >> モチベーションが上がらないので辞めたい薬剤師

モチベーションが上がらないので辞めたい薬剤師

人間のバイオリズムは常に一定ではないので、時折一気に気持ちがハイになることがあったと思ったら、急に気持ちがネガティブになってしまうことがあります。薬剤師も同じで仕事をする際のモチベーションが上がるときもあれば、モチベーションがなかなか上がらないこともあるものです。注意したいのは気持ちのアップダウンがなくなり、モチベーションが上がらない状態が続いてしまうことです。薬剤師にあこがれて資格を取得したものの、今の仕事に魅力を感じなくなり、仕事を辞めたくなってしまう場合があります。実際薬剤師を辞めたい理由の一つにモチベーションが上がらないというものがあります。どうしても仕事をしたいという気持ちにならない場合、辞めることばかり考えてしまい、悪循環に陥ってしまうことがあります。

薬剤師の仕事はある意味単調で、パターン化されていると感じる人がいます。調剤薬局の仕事について考えてみると、いつも狭い調剤室で患者が持参する処方箋に基づいて薬を処方する仕事を行い続けるため、たまには狭い職場を抜け出して、もっと別のことをしてみたい、と考えるようになる場合があります。これには向き不向きも関係しているのですが、単調な仕事をこなすことほど大変な仕事はない、という人もいます。薬剤師の仕事が単調だというのは考えにくいという人もいるかもしれませんが、実際に調剤の仕事をしてみると、その単調さに疲れ切ってしまう人が少なくありません。一度仕事が単調で退屈だと思ってしまうと、脳がその情報を深く受け取ってしまうため、仕事はつまらないものになってしまいます。そうなった場合、辞める以外に選択肢が見つからなくなってしまうのです。

モチベーションが上がらない場合、大切なのは環境を変えることです。環境が変わるだけでモチベーションがアップするので、もし部署を変えてもらえるのであれば、配置換えを希望すると良いかもしれません。あるいは全国チェーンの調剤薬局や大型スーパーの薬剤師として勤務する方法もあります。そのようなケースでは転勤が伴うので、仕事のモチベーションが上がらなくなってきた場合、新たな職場環境でモチベーションを上げることができるかもしれません。あるいは転職をすることで、モチベーションを回復させることができます。仕事を選ぶのは決して簡単ではないので、もし今モチベーションが上がらずに薬剤師を辞めたいと考えているのであれば、環境を変えるための行動を起こしてみるとよいでしょう。

薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C)2016-2017 薬剤師辞めたいナビ All Rights Reserved.