向いていないので辞めたい薬剤師

薬剤師辞めたいTOP >> 薬剤師の辞めたい理由 >> 向いていないので辞めたい薬剤師

向いていないので辞めたい薬剤師

薬剤師を辞めたい理由に仕事が自分に向いていないというケースがあります。薬剤師が就く職場で思い浮かぶのが調剤薬局やドラッグストア、製薬会社などですが、仕事の向き不向きというのはだれにでもあるため、仕事が自分に向いていないのでやめたくなるという人もいることでしょう。

どうして仕事が向いていないと感じるようになるのでしょうか。その理由として考えられるのが、理想と現実の違いです。仕事をする際に理想を求めるというのはだれにでもあるものですが、実際に理想の通りにすべてがうまくいくとは限りません。現実の世界では考えもしなかったような問題に遭遇することがあります。おそらく辞めたくなる人というのは、理想と現実のギャップについていけなくなったからなのかもしれません。

例えば調剤薬局の仕事を例に取り上げてみると、小規模な調剤薬局では人間関係が密になりやすく、それ故にさまざまな問題が生じます。具体的には同僚とのコミュニケーション上の問題や、顧客との間に生じる問題です。おそらく薬剤師を目指す人というのはもともと理科系を選択してきたわけですから、どちらかといえば一生懸命勉強をして、大学時代も研究に明け暮れたという人が多いかもしれません。つまりコミュニケーション力を鍛える機会がなく、社会に出てからコミュニケーション上の問題を抱えてしまう可能性があるということなのです。このような場合、自分にはこの仕事が向いていないと感じてしまいます。そうなるともう仕事を辞めることしか考えなくなってしまうのです。

コミュニケーション上の問題であれば、職種を変えることで解決できる場合があります。例えば製薬会社の研究所へ転職するとしましょう。研究所でもコミュニケーション力はある程度必要ですが、調剤薬局のような顧客と常にかかわることはなくなります。これだけでもストレスは大幅に改善されるはずです。その逆もしかりで、もともと社交的な性格なのに、研究所内において一人でいろいろなことを研究しなければいけないとなると、精神が疲れて切ってしまい、仕事を辞めたくなってしまいます。どちらの場合も極端なケースですが、仕事には向き不向きが必ずあるので、どうしても辞めたいという気持ちが変わらない場合は、まったく別の職種へ転職するか、部署を変えてもらえるようにする必要があるでしょう。仮にそのまま我慢して勤務したとしても、ストレスがたまる一方でやがては精神を病んでしまうかもしれません。

薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C)2016-2017 薬剤師辞めたいナビ All Rights Reserved.