サービス残業で辞めたい薬剤師

薬剤師辞めたいTOP >> 薬剤師の辞めたい理由 >> サービス残業で辞めたい薬剤師

サービス残業で辞めたい薬剤師

職場環境によって異なりますが、薬剤師の中にはサービス残業の多さに悲鳴を上げている人が少なくありません。サービス残業は表面的に明らかになるまでに時間がかかるだけでなく、内部リークがない限りほとんどのケースでうやむやにされてしまうことが多く、実態自体が不透明になっています。もしかしたらあなたもサービス残業で悩んでいる薬剤師の一人かもしれません。サービス残業は残業手当がつかないわけですから、仕事をすればするほど実質的な給料が減ってしまうため、身体的、精神的ストレスが増大します。そのためサービス残業がもとで薬剤師を辞めたくなる人が後を絶ちません。薬剤師を辞めたい理由にサービス残業を上げる人が多いのも頷けます。

サービス残業をしてしまう理由として、解雇されるのが不安という声があります。薬剤師の仕事は求人が豊富にありそうに思えますが、調剤薬局や病院、医院の院内薬局は長年勤務している薬剤師の割合が高いため、なかなか新規求人が出ないという実情があります。そのため、実際に転職しようとしても、思ったほど求人案件が少ないといった実情に気付かされます。都会ではドラッグストアの出店ラッシュが続いているため、薬剤師の求人案件が増加していますが、それでも本当にしたい仕事が見つかるとは限らないため、転職を考えたとしても、あきらめてしまう薬剤師が少なくありません。こうしたことが背景にあり、サービス残業をして雇用主の機嫌を損なわないようにする人がいます。

サービス残業をしてしまう別の理由として、残業代の支給対象になる時間が30分単位になっているケースもあります。例えば定時を過ぎたとしても、30分が経過しないと残業代が支給されません。極端な話として29分59秒の時点でタイムカードを押した場合、残業代はゼロになってしまいます。他にも始業よりも早く仕事を始めた場合、給与の対象外になる場合が良くあります。毎朝早めに出勤し、定時を過ぎても仕事をしているとすると、早出した分と、定時を過ぎた分は本来であれば残業扱いになるべきなのですが、そうならない場合があります。このようなケースは実際によくある話なので、薬剤師の不満の理由になります。サービス残業で薬剤師を辞めたいと考えているなら、今の状況が改善できないかどうかを雇用主に丁寧に伝えてみると良いかもしれません。もしそれが難しいのであれば、転職を考えてみるのも良いでしょう。

薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C)2016-2017 薬剤師辞めたいナビ All Rights Reserved.