妊娠で辞めたい薬剤師

薬剤師辞めたいTOP >> 薬剤師の辞めたい理由 >> 妊娠で辞めたい薬剤師

妊娠で辞めたい薬剤師

女性薬剤師の場合は妊娠が退職のきっかけになるケースが多く見られます。そもそも産休がとれずに退職せざるを得ない状況になってしまうこともありますし、子育てとの両立が難しく続けられなくなることも少なくありません。

妊娠で辞めたい薬剤師はこのように子育てに専念するために辞めようと思うのか、働き続けたいのに続けられない環境なので辞めざるを得ないのかで事情が大きく異なってきます。妊娠を機に家庭に入ってしばらく育児に専念する、なら問題はないのですが、続けたいにも関わらず辞めざるを得ないような状況になってしまうのはできるだけ避けたいものです。

妊娠で辞めたくなる最大の理由は仕事との両立がうまくできなくなることです。妊娠中は体調不良をはじめ心身にさまざまな変化が生じるため、仕事を続けられるのかどうか、同僚に迷惑をかけたりしないかどうかといった悩みが生じます。働きたいけど難しいのかも…そんな理由から辞めようと考えてしまうわけです。

そんな場合には本当に辞めなければならないのか、職場は妊娠中にどうサポートしてくれるかを事前にしっかりと確認しておきましょう。産休制度が充実しているのはもちろん、妊娠中に働き方を調整することができる、同僚のサポートやフォローが受けられるといった環境が理想的です。この点に関しては職場が用意するサポート体制だけでなく同僚の理解も欠かせません。職場が妊娠中の勤務や子育てとの両立を支援する制度を整えていても職場の雰囲気が相応しくない場合には働き続けられないケースも多いのです。実際、体調不良などの原因でシフトをうまくこなせなくなることで同僚から嫌味を言われたり、嫌がらせをされるなどして辞めたくなってしまうことも少なくありません。

出産後の不安から辞めたいと考えるケースも多いようです。妊娠中は働くことができたり、産休をしっかり取れても出産後に子育てとの両立ができる職場かどうか不安になって辞めたくなるのです。託児所がない、子育て中に利用できる時短勤務や残業なしといった制度が用意されていないなど、妊娠中頑張って働いても出産した後に続けられないのでは意味がない、だったら早い段階で辞めた方がいいのでは、となってしまうわけです。

このように、妊娠で辞めたい薬剤師の中でも仕事を続けられるかどうか不安なケースは職場環境が大きく左右します。辞めたいと思った場合には職場がどうフォローしてくれるのか、まず上司に相談してみるとよいでしょう。

薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C)2016-2017 薬剤師辞めたいナビ All Rights Reserved.