ノルマがストレスで辞めたい薬剤師

薬剤師辞めたいTOP >> 薬剤師の辞めたい理由 >> ノルマがストレスで辞めたい薬剤師

ノルマがストレスで辞めたい薬剤師

薬剤師の仕事の中にはノルマが課せられるものもあります。ビジネスシーン全体で成果主義が導入される傾向があるなか、薬剤師の就業環境にもその影響が及んでいるのです。ビジネスとはあまり関係がないように思える薬剤師の仕事ですが、就職・転職先の選択肢の多様化などもあってビジネスとも切り離せない環境が増えてきています。

そんなノルマがストレスになって辞めたくなる薬剤師も増えています。しかもこのストレスはさまざまなシチュエーションや事情で蓄積することが多く、最終的に辞めようと決断するに至る経緯も人によってかなり異なってきます。この「最終的にどうして辞めようとしたのか」をよく把握しておくことが適切な形で退職理由を決めるだけでなく、次の職場で同じストレスを感じないよう転職先を探していく上でも重要なポイントとなります。

ノルマが課せられる薬剤師の仕事といえばまずMRが挙げられます。この職種がもっとも極端な形でノルマのプレッシャー、ストレスを抱えやすい環境といえます。製薬会社に勤務し、病院やドラッグストアなど自社製品を扱う施設・企業に対して売り込みを図るこの仕事は営業職としての面を多分に持ち合わせています。そのためノルマを課せられることが多いほか、成果によって収入が決まるため、さまざまな面でプレッシャーを感じやすい環境にあります。

それから医薬品卸。目立たない職種との印象もありますが、この職場で勤務する薬剤師には毎月の売り上げのノルマが課せられることが少なくありません。同じようにドラッグストアにおいても売り上げのノルマが設定されるケースがあります。

他には治験業務や研究の分野においても一定のノルマが課せられる場合もあります。上司や会社を納得させるのに十分な成果を挙げられないと研究が途中で打ち切られてしまったり、仕事を担当させてもらえなくなるといったことも起こるのです。

こうした薬剤師のノルマによるさまざまな形でストレスをもたらします。ノルマそのものがストレスになるのはもちろん、成果が得られずに収入がダウンしてしまうのではないか、あるいは担当している部署・部門から外されてしまうのではないかとった不安がのしかかることも多いのです。また管理薬剤師などキャリアアップが進めば進むほどノルマの厳しさがのしかかる点も忘れてはならないでしょう。こうした薬剤師が抱えているストレス事情を踏まえたうえで辞め時や転職の準備を検討していくことも大事なのです。

薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C)2016-2017 薬剤師辞めたいナビ All Rights Reserved.