年収が不満で辞めたい薬剤師

薬剤師辞めたいTOP >> 薬剤師の辞めたい理由 >> 年収が不満で辞めたい薬剤師

年収が不満で辞めたい薬剤師

職業を問わず年収の不満は仕事を辞める大きな要因となっています。薬剤師も例外ではなく、年収が低いと感じる環境で働き続ける不満が蓄積した結果「もう続けられない」と退職を決断するケースが非常に多く見られます。

薬剤師の平均年収は約530万円程度といわれており、民間のサラリーマンの平均年収と比較すれば高い水準となりますが、6年制の薬学部を出て専門的な資格を取得することではじめてなれる職業ということを考えると、決して高いというイメージはもたれていません。そのためどうしても自分の年収に不満を感じてしまうケースが多いのです。

ただし、ここで注意したいのは薬剤師の場合年収に不安を感じるケースにはいくつかのパターンがあることです。その中には必ずしも年収が低いとはいえない待遇にも関わらず本人の感覚で低いと感じてしまうケースも見られます。

まず「担当している仕事に対して割が合わない」と感じるケース。病院薬剤師のような連日の残業や頻繁な休日出勤、夜勤といった厳しい就業環境で働いている場合、年収の金額そのものはそれほど低い水準にはないにも関わらず「大変な仕事を担当させられている割には給料が安い」と不満を覚えてしまいがちなのです。またドラッグストアや製薬会社のMR、医薬品卸の仕事などノルマのプレッシャーがつきまとう仕事では精神的な負担が大きく、それに対して十分な給料をもらえていないと感じることも多いようです。

それから「隣の芝は青く見える」ケースもあります。薬剤師の就職先が多様化しており、業種・職種によって年収にもかなりの差が生じるようになっています。例えば製薬会社は数ある薬剤師の就職先の中でももっとも高い平均年収が期待できるところですし、大手製薬会社のMRともなれば平均年収で1000万円を超えるところもあります。こうした職場と現在の自分の年収を比較して「どうして同じ薬剤師なのにどうして自分はこんなに年収が低いんだろう」と不満に思ってしまうのです。

ですから年収が不満で辞めたいと思っている場合には現在働いている職場よりも高収入の求人を探してみるのはもちろんですが、自分が置かれている環境が本当に不当なのかどうか、全体的に見て低い状態なのかどうかを確認してみる必要があるでしょう。実際にはもっとも厳しく、給料が低い状態で働いている薬剤師もいるはずです。不満に駆られて転職したはいいものの、ますます割に合わない環境で働くことになってしまった、といったことがないようにしましょう。

薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C)2016-2017 薬剤師辞めたいナビ All Rights Reserved.