接客が嫌で辞めたい薬剤師

薬剤師辞めたいTOP >> 薬剤師の辞めたい理由 >> 接客が嫌で辞めたい薬剤師

接客が嫌で辞めたい薬剤師

接客が負担になって辞めたいと考えるケースが多いのも薬剤師の特徴です。この点は看護師や医師とは大きく異なる点でしょう。医薬に関する専門的な知識とスキルを備えた職業である一方、職場によっては接客業の要素も求められるため、うまく仕事に適応できないことも多いのです。

この接客業が嫌で辞めたくなる場合ではいくつかのパターンが見られます。まず調剤薬局に多く見られるものでお客さんからのクレーム対応に苦労させられるケースです。日々調剤業務を行っているとさまざまなお客さんの対応をすることになるのですが、その中にはクレームを言い立ててくれる人もいます。その内容が薬剤師の側に非があるものならよいのですが、中にはいいがかりとしか思えないものもあるのです。接客業としての面を備えている以上、そうした一方的なクレームに対しても我慢しなければならず、ストレスをためてしまいやすいのです。薬剤師として求められる仕事をしているにも関わらずこうしたクレームをつけられるような状況を続けていると次第に「いったい何のために薬剤師の仕事をしているんだろう?」とやる気を失ってしまうことも少なくありません。

それからコミュニケーション能力の問題で接客が負担になってしまうパターンも少なくありません。こちらはドラッグストアでの勤務に多く見られるもので、服薬指導や医薬品の管理といった薬剤師としての知識が活かせる仕事よりもレジ打ちをはじめとした接客業としての役割の方がずっと比重が高い店舗も多く、連日苦手な接客に苦労させられているうちに仕事が嫌になってしまうのです。加えて薬剤師としての知識を活かせない、スキルアップに役立たないといった状況がモチベーションの悪化を引き起こしてしまいます。

このように薬剤師が接客が嫌で辞めたくなった場合には、まず何が原因なのかをよく検討し、その職場で改善することが可能なのかどうかをよく検討することが大事です。それで難しそうな場合に転職を検討しましょう。

コミュニケーションが苦手という方は接客業以外にもコミュニケーション能力が問われる職場が多いことを踏まえておきましょう。例えば医薬品卸の職場では取引先の病院や店舗との交渉がありますし、CRAの場合は治験が行われる現場で調整などの仕事でコミュニケーション能力が求められます。接客が嫌だからといったこうした職場へ転職すると改めてコミュニケーションの問題で辞めたくなる可能性も出てくるので気をつけましょう。

薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C)2016-2017 薬剤師辞めたいナビ All Rights Reserved.