転勤が嫌で辞めたい薬剤師

薬剤師辞めたいTOP >> 薬剤師の辞めたい理由 >> 転勤が嫌で辞めたい薬剤師

転勤が嫌で辞めたい薬剤師

薬剤師の仕事は職場によって就業環境に大きな違いがでるのが大きな特徴ですが、中には転勤が多い職場もあります。もともとこの職業は女性が多いということもあり、転勤が嫌で辞めたくなったり、辞めたくなくても転勤ができずに退職に追い込まれてしまうケースが少なくありません。

男性薬剤師の場合は家庭を持っている状況で転勤があっても単身赴任などの方法で乗り切る選択肢が出てきますが、女性薬剤師の場合は子育てへの影響などもあって現実的ではありません。また、一般のサラリーマンに比べて薬剤師の転勤はそれが昇給やキャリアアップに結びつく余地が少ないため、受け入れるくらいなら辞めて転職した方がいい、と考えることも多いのです。この点は後述する薬剤師の人手の状況とも深く関わってきます。

転勤で辞めたくなる理由にはその薬剤師全体の人手の状況が大きく影響しています。全体的に不足傾向が見られるため、転勤が嫌で辞めた場合でも比較的簡単に次の転職先を見つけやすいのです。一方人手不足は地方でより深刻な状態になっているため、全国展開を行っている大手の調剤薬局・ドラッグストアチェーンではそれを解消するため地方への転勤を行うケースも多いのです。

この人手不足の埋め合わせのための転勤は薬剤師の就業環境にも大きな影響を及ぼします。どうしても生活環境が不便な場所への転勤が多くなりますし、何よりも就業環境が厳しくなるケースが多いからです。人手不足が深刻なところに配属されればシフトが厳しくなり、残業や休日出勤の機会も多くなります。地方の調剤薬局では都市部では考えられないほど待遇がよい求人を見つけることもありますが、そうしたよい待遇も厳しい就業環境の裏返しでもあるのです。

ですから転勤で辞めたいと思った場合には実際に転勤したらどうなるのか、どういった環境で働くことになるのかをよく検討しておいた方がよいでしょう。転勤した後では遅いこともありますし、早い段階から見切って転職活動を始めたほうがブランクを作らずに済みます。転勤は受け入れられない、という場合にはそれを避けられるかどうか上司に相談してみるとよいでしょう。

家庭を持っている女性薬剤師の場合は退職することによって家計がどうなるのかなどの難しい問題も出てきますし、転職する場合にはキャリアを継続できる職場を見つけられるかといった点も重要となります。それだけに転勤は絶対嫌だと衝動的に辞めるのではなく、よく検討し、準備をしたうえで最終的に退職が適当かどうかを判断するよう心がけましょう。

薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C)2016-2017 薬剤師辞めたいナビ All Rights Reserved.