うつ病で辞めたい薬剤師

薬剤師辞めたいTOP >> 薬剤師の辞めたい理由 >> うつ病で辞めたい薬剤師

うつ病で辞めたい薬剤師

薬剤師の仕事というと、薬局や病院の調剤や処方などを思い浮かべることでしょう。ドラッグストアの新規オープンや院外処方に切り替える病院、個人クリニックの増加に伴い薬剤師の必要性が高まっています。薬剤師が活躍する場が多いことを考えると、薬剤師は恵まれていると思うかもしれません。もちろん薬剤師としてやりがいを見出すことは可能ですが、それと同時にさまざまな問題が生じえます。その一つがうつ病です。うつ病の原因として、無理なスケジュールをこなし続けることや、職場の対人関係のストレスに我慢し続けた結果、精神的に耐えられなくなり、うつ病を患ってしまう可能性があります。薬剤師を辞めたい理由としてうつ病が増えているのはそのためです。

うつ病と診断された場合、必要なのは十分の休息をとることと、医師による治療を受けることです。うつ病は風邪と同じで治らない病ではありません。医師による適切な治療を受け、処方された薬を服用することで、徐々に回復が見込めます。仮に薬剤師として働いていてうつ病と診断された場合には、できるだけ早く仕事を調整することが大切です。なぜならうつ病を患った時点で、脳はオーバーヒートを起こしたのと同じような状況になっているからです。仮にその状態で仕事を続けると、精神に重大なダメージを与えかねず、回復が遅くなってしまう可能性が高くなります。そうならないためにも、うつ病と診断されたら長期休暇を取るか、いったん退職し、再就職を目指すことが最善だといえるでしょう。

うつ病を治療する過程で医師から環境を変えるよう提案されることが多々あります。環境を変えることで、脳に与えてきたダメージを軽減させることができるからです。もちろんうつ病で疲れ切ってしまった心身を回復させるためには、職場を変えるだけでなく十分な休息が必要になるわけですが、生活を維持するためにどうしても働かないと行けない場合もあるかもしれません。転職は現在の状況を変えるという意味でも賢い選択になりえます。

その場合、医師に相談して果たして転職をして仕事を続けることが可能かどうか指示を仰ぐことをおすすめします。決して自己判断で環境さえ変えれば大丈夫と過信しないように注意してください。医師は今の状況を的確に判断して、転職をして仕事を続けることが可能かどうかについての提案をしてくれるはずです。そうすることで薬剤師としての資格を生かすことができる可能性が高くなります。

薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C)2016-2017 薬剤師辞めたいナビ All Rights Reserved.