仕事内容が嫌で辞めたい薬剤師

薬剤師辞めたいTOP >> 薬剤師の辞めたい理由 >> 仕事内容が嫌で辞めたい薬剤師

仕事内容が嫌で辞めたい薬剤師

薬剤師が仕事を辞めたいと思ってしまう大きな理由のひとつが仕事内容が嫌になってしまったというものです。もともと就職する際に仕事内容はわかっていたはずなんだからそんなこと言っても仕方がない、と思われがちですが、薬剤師の場合は職種・職場によって仕事内容に大きな違いが出てくることも多く、求人情報などで事前に確認していた仕事内容と実際に入職した後に担当することになった仕事内容との間にギャップがあることも多く、「話が違う」とすぐに辞めたくなってしまうことも多いのです。

この薬剤師が仕事内容で辞めたくなる理由には就業環境や待遇の問題も深く関わっています。連日のように残業や休日出勤を担当されられたり、頻繁に夜勤がある職場では心身の負担から仕事内容そのものに嫌気がさしてしまうことも少なくありません。また仕事内容に対して給料が納得のいく水準ではないと「割に合わない仕事」と感じてしまうようになります。ですからあらかじめ仕事内容がはっきりしており、それに魅力を感じて就職した場合でも環境が悪いばかりに嫌になって辞めたくなるケースも起こりうるわけです。

それから薬剤師ならではの仕事とそうではない仕事とのバランスも辞めたくなる大きな原因となります。典型的なのはドラッグストアでの勤務でしょう。OTC業務など薬剤師としての知識を行かせる環境だと思って就職したものの、実際の業務はほとんどがレジ打ちなどの接客の仕事になってしまう。これでは薬剤師としてのやりがいを感じられないばかりではなくキャリアの役にも立たないと辞めたくなってしまうことも多いのです。そのほか医薬品卸やMRのようにノルマが問われる職場でも営業職の面が強くなり、やりがいを感じられずにモチベーションを低下させてしまうケースも見られます。

もうひとつよく見られるのが適性との問題です。やりがいを感じられる仕事だと思って就職したはいいものの、実際やってみたら自分には向いていない、合わない職場だと思ってしまうケースも多いのです。とくに治験業務や病院薬剤師によく見られるケースで、チーム医療への参加、治験業務におけるコーディネート役などそれまで担当したことがない仕事にチャレンジしてみたはいいものの、どうも自分にはうまくできそうにないと限界を感じてしまうわけです。

薬剤師の転職先・業務内容が多様化したことでこうした仕事内容が嫌で辞めたくなるケースが増えており、求人情報探しの段階で入念な情報収集が求められるようになっています。

薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C)2016-2017 薬剤師辞めたいナビ All Rights Reserved.