昇給ありの薬剤師求人

薬剤師辞めたいTOP >> 辞めたい薬剤師にオススメの求人 >> 昇給あり

昇給ありの薬剤師求人

薬剤師の年収を巡っては職種ごとの水準の違いや昇給のペースといった点に注意が必要です。とくに近年では薬剤師の就職・転職先の選択肢が多様化しているうえ、職場によっては採用時こそ年収が高い水準にあるもののその後の昇給があまり期待できない面もあるのです。場合によっては早い段階で昇給が頭打ちになってしまい、採用当初は高収入だったものの5年後、10年後にはそれほど高い水準ではなくなってしまっているケースも見られるのです。

それだけに転職活動において薬剤師求人を探していく場合は採用時の収入だけでなく昇給のチャンスがどの程度あるのか、将来的にどの程度の年収アップが期待できるのかも考慮しておく必要があります。この点に関してはまず職種ごとの傾向の違いが大きな意味を持ってきます。

昇給がもっとも期待できる職種は製薬会社です。新薬開発・研究や学術といった専門的な分野では確実な昇給が期待できるほか、管理職などキャリアアップの機会にも恵まれています。一方、一人前の薬剤師として認められるまでに時間がかかるため、採用された当初は収入が低めなこと、昇給のメリットを実感するためには5年、10年と勤務し続ける必要があることなどの注意点もあります。転職を目指す場合には中途採用のハードルが高い点もネックです。

薬剤師の昇給に関しては成果主義との兼ね合いも大事なポイントです。簡単に言えば結果を出せば出すほど昇給が期待できる一方、雇い主の期待に応えられない場合には昇給が期待できないケースが多いのです。例えばドラッグストアの場合、キャリアアップをすればするほど成果主義やノルマが昇給と深く関わってくるようになり、うまくいけば高収入が期待できる一方、キャリアの道から外れてしまった場合には早い段階で昇給が頭打ちになったり、あちこちと転職を繰り返してしまうといった状態に陥ってしまうこともあります。

成果主義では製薬会社のMRの事情も踏まえておく必要があるでしょう。大手の製薬会社のMRともなると年収1000万円を超えることも珍しくない一方、成果主義を大々的に取り入れているところが多く、結果を出せない場合には何年働き続けても昇給が行われなかったり、働き続けられずに退職を余儀なくされてしまうといったことも起こりえます。昇給ありの薬剤師求人を探していく場合にはこうした昇給のチャンスと背中合わせにある注意点や難しさなどについてもしっかりと踏まえておく必要があります。自分の適性、この職場ならやりがいを持ちながら働いて昇給のチャンスをつかめそうと思える求人を見つけるのがベストでしょう。

薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C)2016-2017 薬剤師辞めたいナビ All Rights Reserved.