子育て中歓迎の薬剤師求人

薬剤師辞めたいTOP >> 辞めたい薬剤師にオススメの求人 >> 子育て中歓迎

子育て中歓迎の薬剤師求人

もともと薬剤師は男女比率が3:7と女性が圧倒的に多く、家庭生活との両立が働くうえでの重要なテーマとなっています。この点は当の薬剤師の側だけでなく、雇う側にとっても同様で家庭生活との両立を支援する環境や制度を導入する企業や施設が増えています。人手不足を解消するために子育て中歓迎をうたい文句にして求人を出しているところも少なくありません。

こうした子育て中歓迎の薬剤師求人を探していく場合には求人内容の詳しい確認が必要です。子育て歓迎だからといって必ずしも子育て中の薬剤師が働きやすい職場かどうかは限らないからです。この点は子育てとの両立を目指す薬剤師にとってもっとも難しいポイントとなりますが、それだけに事情をしっかりと把握しておきたいところです。

子育て中歓迎の薬剤師求人では必ず確認しておきたいことがいくつかあります。まず自分が期待している子育て支援が用意されているかどうか。子育てとの両立が可能な条件は人によって異なります。ある人は託児所の設置を希望し、ある人は残業・夜勤がない環境を希望するなど。自分にとってどの点が子育てとの両立を目指していくうえでもっとも重要なのかをしっかり把握したうえで最終的な判断を下すようにしましょう。とくに夜勤や休日出勤、残業といった就業時間はその職場の人手の状況や他の薬剤師との兼ね合いも深く関わってくるだけに注意が必要です。

それから職場の雰囲気についてもできるだけ詳しく調べておくこと。よく見られるのは企業や施設と現場との子育てに対する温度差です。雇う側は子育て支援の充実を目指していながら現場のスタッフは必ずしもそれに賛同していないというケースも少なくないからです。例えば夜勤がある職場で夜勤なしで採用された場合、夜勤を担当している他の薬剤師から嫌味を言われるなど人間関係の悩みを抱えてしまう恐れもあります。託児所も用意され、表面上は申し分なく子育てを支援する環境が整っているように思える職場でもなかなか子育て中の薬剤師が定着しないといったことも少なくありません。この点は求人情報だけではなかなか事前に知ることができないため、施設のホームページなど幅広い情報の入手を心がけましょう。その職場に、他にも子育て中の薬剤師が在籍しているかがひとつの目安となるでしょう。

そのほかではブランクからの復職や未経験からの転職向けに研修・教育制度が充実しているかどうかも子育て歓迎の求人を探していく上での大事なチェックポイントとなります。こうしたさまざまな注意点を踏まえたうえで表面だけの情報に惑わされず本当に子育てと両立できる職場を探していきましょう。

薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C)2016-2017 薬剤師辞めたいナビ All Rights Reserved.