高収入の薬剤師求人

薬剤師辞めたいTOP >> 辞めたい薬剤師にオススメの求人 >> 高収入

高収入の薬剤師求人

薬剤師の平均年収は約530万円といわれています。サラリーマンの全体平均よりは高い一方、薬学部で悩んで専門的な資格を取得することではじめてなることができる仕事の割には低いという意見もあります。これは薬剤師の仕事そのものの年収が低いからではなく、職種ごとに収入環境が異なることや、雇用形態、就業環境などによる年収のバラつきも大きな理由です。とくに女性の薬剤師はパート・アルバイトなど非常勤での勤務が多いこともあって男性薬剤師に比べて平均で30万円ほど年収が低い水準となっています。

ですから高収入の職場なら平均年収をはるかに上回る収入を得ることもできますし、専門的な資格に相応しい待遇を得ることも可能です。高収入を目指して転職する場合にはどの職種なら年収アップが期待できるのかをよく踏まえておきましょう。

高収入という点なら製薬会社が一番の選択肢です。とくに新薬の開発などの研究職なら30代前半の段階で年収800万円を超えることも珍しくなく、順調にキャリアを重ねていれば1000万円超えも期待できます。ただ研究職として一人前の薬剤師になるためには長い年月がかかるため、中途採用は経験者以外はあまり積極的に行っていないのが業界全体の特徴となっています。目指すなら20代の段階で転職に踏み切りたいところです。同じく製薬会社での勤務ではMRも高収入で知られ、大手の製薬会社なら平均年収で1000万円を超えている場合もあります。こちらは研究職に比べると転職のチャンスも多いのですが成果主義の要素が強く、結果次第で高収入が得られることもあれば、思うように収入がアップしない場合もあります。

それから病院薬剤師です。夜勤など勤務環境が大変なうえに仕事上のプレッシャーが大きいわりには年収はあまり高くない印象が強い職場ですが、キャリアを重ねていくことで確実に年収がアップしていくメリットもあります。30代後半くらいから年収・キャリアともに高くなっていき、30代で600万円程度、薬剤部長などのポストに就くことができれば800万円を超えることも少なくありません。病院薬剤師として高収入を目指す場合には採用時の給料だけでなく長く働ける職場かどうか、求人情報をチェックする場合には就業環境についても詳しく見ておきたいところです。

他にはドラッグストアもキャリア次第で高収入が期待できる職種です。この仕事はキャリアアップの余地が大きく、管理薬剤師、エリア長といったキャリアを重ねていくにつれて年収がアップし、800万円以上に達することもあります。高収入の求人を探す場合にはこのように将来的な年収アップも視野に入れて探していくことが必要でしょう。

薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C)2016-2017 薬剤師辞めたいナビ All Rights Reserved.