在宅ワークの薬剤師求人

薬剤師辞めたいTOP >> 辞めたい薬剤師にオススメの求人 >> 在宅ワーク

在宅ワークの薬剤師求人

新しいワーキングスタイルとしてクラウド型の仕事に注目が集まっています。薬剤師として働いている人の中にも、注目している方がいるかもしれません。クラウド型の仕事の特徴はオフィスに出向くことなく自宅などで仕事ができることです。

薬剤師からしてみると、そんなこと、本当にできるの?と思うかもしれません。それもそのはず、薬剤師は調剤薬局など、実際に医薬品を手にしながら処方箋に従って処方する仕事が中心だからです。そのような理由から、あえて在宅ワークを探すことなんて無理だと決めつけてしまう薬剤師もいます。果たして薬剤師は在宅ワークが可能なのでしょうか。実際に求人情報をチェックしてみると、意外なことが分かりました。

薬剤師向けの在宅ワークは近年増加傾向にあります。例えば子育て中の主婦が薬剤師資格を生かして在宅ワークをしてみたい、海外生活に憧れていわゆる海外ノマドとして働いてみたい、といった希望に沿った仕事があります。薬剤師ができる在宅ワークにはどのようなものがあるのでしょうか。その一つが、薬剤師という専門資格を生かしてフリーライターとして働く方法です。フリーライターの仕事は幅が広く、特に専門的な資格を有している場合、高額な報酬が得られる場合があります。例えば医薬学会向けの資料作成やコラムの執筆など、専門的な記事を作成する場合、薬剤師でなければ作成できません。フリーライターは出来高制になりますが、有名な薬剤師のライターともなると、1記事当たり数万円以上も得られる場合があります。

新薬の研究に関わる学術書などの執筆業務もあります。ある程度の執筆実績が求められますが、医薬に代わる専門的な分野の学術書の作成は薬剤師の活躍が不可欠です。このような仕事はいわゆるノマドワーカーと呼ばれる人たちが好んでしています。専門書とパソコン、あとは自分の知識と経験が生かせる仕事です。他にも治験に関連した書類の作成業務などがあります。これらの仕事をする場合、企業との直接契約が必要になる場合があります。

求人情報を探していると、時折このような求人情報が掲載されることがあるので、薬剤師資格を持っている場合、定期的にチェックしてみると良いでしょう。職場にとらわれない新たなワーキングスタイルはこれからますます増加していくと考えられています。今はまだ伸びしろが十分にあるので、ねらい目だといえるかもしれません。薬剤師資格を生かせるチャンスを逃さないようにしましょう。

薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C)2016-2017 薬剤師辞めたいナビ All Rights Reserved.