管理職手当ありの薬剤師求人

薬剤師辞めたいTOP >> 辞めたい薬剤師にオススメの求人 >> 管理職手当あり

管理職手当ありの薬剤師求人

薬剤師のキャリアにおいて管理薬剤師をはじめとした管理職は重要なステップとなります。ただしその一方で責任が重くなる一方、収入面は思うようにアップしないケースも多く、管理職になるだけ損、という職場もあります。転職の際にはなかなかこうした点にまで踏み込んで情報を入手することは難しいのですが、管理職になって報われるかどうか、なるだけの価値がある職場かどうかを判断するポイントして管理職手当の有無が挙げられます。

管理職になることで手当を受け取れるかどうか、それによってその職場の管理職に対する扱い・評価が見えてくる部分があります。手当がないところは管理職になってもあまり恩恵が得られない可能性があるわけです。また、職場によっては人付き合いが重視される面もあり、同僚と一緒に食事に出かけた時などは管理職が会計を持つといった機会も多くなります。管理職手当にはそうした負担を穴埋めする面もあるため、就業環境も視野に入れたうえで管理職手当の有無を確認しておくことも大事です。管理職になったはいいものの給料はあまり上がらず手当てももらえず、さらに出費ばかりが増えてしまったような環境は避けたいものです。

管理職手当があるかどうかはひとつひとつの求人情報をチェックしていくのが一番確実な方法ですが、職種によって手当が支給されることが多いところとそうでないところが見られます。そのため求人探しを始める段階である程度職種の範囲を絞った上で情報収集を行うのもひとつの選択肢でしょう。管理職手当が支給されやすい職場の筆頭はやはり製薬会社です。キャリアアップが期待できる職場でもありますし、新薬開発や研究の分野ではキャリアアップすればするほど責任も重くなるため、昇給や手当の形でしっかりとフォローされています。金額も他の職種に比べて高めなのでお勧めの職場といえるでしょう。ただ会社勤めの立場なので先述した付き合いなどでいろいろと出費が増えること、転職のハードルが高いことなども踏まえておく必要があります。

一方管理職手当がもらえないか、もらえても金額が少ないのが病院です。ただ手当が少ない一方、キャリアアップの機会にも恵まれるのでメリットとデメリットの両方を比較検討しておくことも大事です。一方成果次第で管理職手当を多くもらえるチャンスに恵まれる一方、ノルマなどのプレッシャーが大きくなるのがドラッグストアです。管理職に就くと売り上げなど経営面にも関与する機会も出てくるため、そうした仕事に向いているかどうか、管理職手当が求められる役割や責任に見合ったものかどうかなどもよく考慮したうえで自分に向いた職場かどうかを判断することが大事です。

薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C)2016-2017 薬剤師辞めたいナビ All Rights Reserved.