夜勤なしの薬剤師求人

薬剤師辞めたいTOP >> 辞めたい薬剤師にオススメの求人 >> 夜勤なし

夜勤なしの薬剤師求人

どのような職業でも夜勤は長く働き続ける上での大きなハードルとなっています。どうしても夜勤があると生活環境が不規則になってしまい、心身に大きな負担となってのしかかります。またプライベートとの両立が難しく、家族との時間がもてなかったり、友人と会う機会が確保できないといった悩みを抱えてしまいがちです。仕事のやりがいや給料面では不満はないものの、夜勤が厳しいために続けられずに退職してしまうケースも非常に多く見られます。

過去に夜勤が辛くて辞めてしまった方はもちろん、できるだけ安定した環境で長く働き続けられる転職先を探している方も夜勤の有無は求人探しを行っていくうえで重視するべきです。とくに過程との両立を目指している方にとっては最大のポイントといっても過言ではありません。この夜勤なしの薬剤師求人を探していく場合にはそもそも夜勤がある職場かどうかを確認しておくことが大前提となるでしょう。

夜勤なしの求人にはもともと夜勤がない職場からのものと、夜勤はあるけれども担当しなくて済む待遇のものがあります。まずは全社の中から探していきましょう。夜勤があるけれども担当しなくてよい職場の場合、職場環境に複雑な事情を抱えているケースがよく見られます。人手不足が深刻なのでやむを得ず日勤のみを採用するケースも多く、こうした職場では途中でどうしても夜勤をやってほしいと頼まれることもありますし、夜勤を担当している同僚の薬剤師との人間関係に問題を抱えてしまう可能性もあるのです。夜勤を担当して大変な思いをしている薬剤師にとっては日勤のみで働いている薬剤師に対して不満を抱いてしまいやすいものです。こうした職場ではシフトとは別のところで職場に居づらくなって働き続けられなくなってしまうこともあります。

夜勤がもともとない職場といえば調剤薬局が第一に挙げられるでしょう。近年では夜遅い時間まで営業している調剤薬局も増えていますが、それでも夜9〜10時くらいまでです。夜勤が必要な職場はまずありません。加えて土曜日は半日、日曜日は休みなど休日を確保しやすい点も魅力でしょう。シフトも固定化されているところが多く、規則正しい就業環境で働きたい人にとっては理想的な職場です。やりがいを感じられるかどうか、キャリアアップのチャンスがあるかどうかなども見た上で求人をチェックしていきましょう。

一方夜勤はないけれども休日出勤や出張が多い職場もあります。ドラッグストアや治験業務などはその代表格ですし、製薬会社も納期が近くなる時期などは忙しくなります。こうした夜勤以外の条件もよく検討しておくことも必要でしょう。

薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C)2016-2017 薬剤師辞めたいナビ All Rights Reserved.