残業なしの薬剤師求人

薬剤師辞めたいTOP >> 辞めたい薬剤師にオススメの求人 >> 残業なし

残業なしの薬剤師求人

職業を問わず残業は悩みの種であり、退職の大きな原因となります。連日残業が続くと体力的に辛くなりますし、加えてサービス残業など割に合わない就業環境で働かなければならないといった問題点も出てきます。薬剤師は他の職業に比べると残業時間が少ないといわれていますが、一方ではプレッシャーを感じる仕事が多いため、残業が心身の大きな負担となってしまうことも少なくありません。

残業なしの薬剤師求人を探す場合には残業がもともと少ない職種と残業が少ない職場の両方に目を向けてチェックしていくことが重要です。職種によって残業が多いところと少ないところがあるほか、職場の環境、具体的に言えば人手の状況によって残業が多いケースとそうでないケースが出てきます。必ずしも残業が少ない職種だからといって実際に残業がないとは限らないわけです。

残業なしの薬剤師求人を見つけやすいのはやはり調剤薬局です。営業時間が原則として毎日同じなうえにそれほど長くないため、毎日定時に仕事を終えやすい環境なのです。就業時間や仕事内容など安定した環境で働きたいと考えている方にとっては理想的な職場といえるでしょう。ただし、近年では調剤薬局の多様化が進んでおり、店舗によって就業環境が大きく異なってくることも増えているので注意が必要です。ドラッグストアの役割も兼ねている店舗や、在宅医療を手がけているところもあり、こうした店舗では早朝や夜遅くまで営業していたり、外回りの機会が出てくることから残業の機会が多くなる可能性もあります。調剤薬局からの求人を探す場合にはこうした店舗ごとの環境や薬剤師に求められる業務内容もよく確認しておきたいところです。

それから製薬会社。こちらも通常は残業があまり多くない職場です。キャリアアップの機会もあり、定着率も高いことから転職先としても人気ですが、中途採用はハードルが高くなるので自分にチャンスがあるかどうかを確認した上で求人情報に掲載されている応募条件などをチェックしていく必要があります。また普段は残業が少ないものの、納期が近くなる時など一時的に残業や休日出勤が多くなることあるため、絶対に残業がない職場は期待しないほうがよいでしょう。

なお、人手に関しては地域差が重要な鍵となっており、地方では薬剤師不足から収入面などが恵まれている一方、残業や休日出勤など就業時間の面で厳しい職場が見られます。待遇面だけに目を向けず、残業を含めた就業時間についてもよく確認したうえで判断することが求められます。

薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C)2016-2017 薬剤師辞めたいナビ All Rights Reserved.