ノルマなしの薬剤師求人

薬剤師辞めたいTOP >> 辞めたい薬剤師にオススメの求人 >> ノルマなし

ノルマなしの薬剤師求人

薬剤師が仕事を辞める大きな原因のひとつとなっているのがノルマです。もともと薬剤の専門家として仕事をしたかったのに連日ノルマのことを気にしてばかり。薬剤師としてのやりがいを感じられない、あるいは厳しいノルマにストレスがたまって心身ともに辛い、そんな状況に追い込まれてしまっている方も多いものです。そんな場合にはまずノルマがどの程度なのかを考慮に入れたうえで次の転職先を検討していく必要があります。どれだけ待遇面で恵まれていてもノルマが厳しい職場ではまた同じ環境や不満を抱えてしまう恐れがあるからです。

ノルマなしを前提に薬剤師求人を探していく場合にはそもそもノルマの概念がない、あるいは少ない職種を探していくのがベストです。まずは調剤薬局での勤務が挙げられるでしょう。医師の処方箋にもとづいて調剤と服薬指導を行うのがおもな仕事のため、ノルマが課せられることが少ない職場です。ただし、この点については注意も必要で、医薬分業が推進されている影響もあって調剤薬局の就業環境にも変化が見られるようになっています。とくにチェーン展開を行っている大手ではOTC業務をはじめとしてドラッグストアとしての要素を兼ね備えた店舗を増やしており、薬剤師に接客業としての役割が求められる機会が増えています。こうした職場では調剤業務ではなく販売の面でノルマが課せられることもあるので注意しましょう。ノルマなしにこだわるなら門前薬局がお勧めです。

それから病院薬局。こちらも医薬分業の推進の影響で業務内容や就業環境に変化が見られており、従来の外来向けの調剤・服薬指導よりも入院患者向けの同様の業務や医薬品の情報収集・提供、チーム医療への参加といった幅広い業務が求められるようになっています。こうした業務にはそもそもノルマという概念が成り立ちにくいものが多いのが特徴なのです。入院患者に使用する注射や点滴の調剤、がん治療をはじめとした特別な治療のための製剤といった役割はノルマで評価できるものではありません。ですからノルマのプレッシャーから解放されたいという方にはよい職場となるでしょう。ただ、仕事そのものが残業や夜勤などが多いといった厳しい部分もあるので、その点もよく検討したうえで最終的な判断を下すことも大事です。

こうしたもともとノルマが少ない職種に加えてノルマがないことを売りにした職場を探していくのもポイントです。例えばドラッグストアからの求人にはノルマなしとわざわざ明記したところもあります。人手不足のところでこうした形での求人が多いため、条件面についていろいろと確認しておくとよいでしょう。

薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C)2016-2017 薬剤師辞めたいナビ All Rights Reserved.