転勤なしの薬剤師求人

薬剤師辞めたいTOP >> 辞めたい薬剤師にオススメの求人 >> 転勤なし

転勤なしの薬剤師求人

薬剤師は転職が多い職業といわれるだけに職を変える際にも次の転職先が最後の職場と位置づけて探していくことは少ないかもしれません。ただできるだけ長く働きたいと考えて職探しを行っていくのは間違いありませんから、転職なしで定着できるかどうかも求人探しを行っていくうえでの非常に重要なポイントです。

この転勤なし、定着しやすい職場探しは薬剤師において非常に重要なテーマといえます。全般的な傾向として条件がよい職場であればあるほどいろいろと「ワケあり」なケースが多く、条件面につられて入職したはいいものの、さまざまな問題や不満を抱えてすぐに退職してしまうケースも多いからです。そのため求人探しの際には求人情報に掲載された待遇面の情報だけに留まらず職場環境や雰囲気を知るための情報探しも十分に行っていく必要があります。

また、ここ10年ほどの間に薬剤師の需要が増加したこともあり、働き方・就職先が多様化している状況です。就職・転職先の選択肢が多くなったことでひとそれぞれ長く働ける職場の条件も異なってきているため、自分にとって長く働ける、転職なしで定着できるかどうかを確認しておくことが大事です。例えば調剤薬局は安定した就業環境でノルマの厳しさもなく働けるというメリットがありますが、一方では人間関係の悩みを抱えやすいといった問題もあります。逆に病院薬剤師は夜勤や残業も多く激務といわれている一方、他の職場では味わえない薬剤師の醍醐味ややりがいを味わえる職場の面も備えています。どの職場にも必ずメリット・デメリットがありますから、自分にとって魅力的でやりがいを感じられるかどうかも見ておきましょう。ひとつだけ間違いないのは楽な仕事が長く働ける職場の条件ではないということです。

転勤なしの職場かどうかは自分の状況を踏まえたうえで見ていくことも必要です。例えば子育て中の女性薬剤師なら子育てに対する理解があるかどうかが定着する上で野非常に重要なポイントです。ですから子育て支援があるかどうか、同じ子育て中の薬剤師が在籍しているかどうかなど福利厚生や職場環境にも踏み込んで情報を調べていく必要があります。ブランクからの復職や未経験の職種への転職を目指す場合には研修・教育制度が整っているかどうかも大事な点となるでしょう。

このように、転職なしの薬剤師求人を探していく場合には自分にとって長く働ける職場とは何か、をまず確認し、そのうえで待遇面だけではなく幅広い情報収集を行っていくことが求められます。施設のホームページなどもチェックしながら調べていきましょう。

薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C)2016-2017 薬剤師辞めたいナビ All Rights Reserved.