託児所ありの薬剤師求人

薬剤師辞めたいTOP >> 辞めたい薬剤師にオススメの求人 >> 託児所あり

託児所ありの薬剤師求人

7割近くを女性が占める薬剤師にとって家庭生活、とくに子育てとの両立は職場に定着する上で非常に重要なポイントとなります。いくら収入面で恵まれていても子育てとの両立が難しい環境では働き続けることができませんし、キャリアアップが期待できる職場でも家庭生活とのバランスがうまくとれずにキャリアを中断しなければならないケースも出てきます。ですから子育て中の薬剤師が求人探しを行っていく場合には子育てを巡る環境にもよく目を向けておく必要があります。

そんな子育てとの両立ができる職場かどうかを判断する重要な材料となるのが託児所の有無です。小さい子供がいる場合には託児所に預けて働けるかどうかで就業環境にずいぶんと違いが生じます。働いている間子供を誰かに見てもらわなければならない、あるいは子育ての時間を考慮しながら働く時間を決めなければならない、では思うように仕事を続けることが難しいものです。職場にある託児所に預けられるのなら時間の都合がつけやすいだけでなく、安心して働けるというメリットがあります。

ただし、薬剤師の職場ではこの託児所が充実している環境が少ないのが現状です。その最大の理由は最大の就職先である調剤薬局が小規模なところが多く、経営上の問題などから託児所を設置している余裕がないことが挙げられます。そもそも数人程度の薬剤師が働いているのみの施設に託児所を設置する余地はほとんどありません。この点はドラッグストアでも同様のことが言えます。

そのため託児所ありの薬剤師求人を探していく場合にはまず託児所を設置していることが多い職場、職種に絞って探していくのが原則となります。この点でもっとも充実しているのはやはり製薬会社で、規模が大きく、経営面でも余裕があるところが多く、託児所をはじめとした子育て支援が充実しています。病院も薬剤師のほか看護師も女性の担い手が多いことから託児所を設置して子育てを支援する環境が整えられているところが多く見られます。効率よく託児所ありの求人を探していく場合にはこうした分野に絞ってチェックしてみましょう。

このように、託児所あり求人を探していく場合にはまず職種の範囲がある程度限定されることをあらかじめ踏まえておきましょう。その職種の範囲内でこれまで自分が培ってきたキャリアを継続できるか、転職の際にアピール材料にすることができるかなども転職活動を行っていくうえでの大事なポイントとなるでしょう。また病院の場合は託児所が充実している一方、夜勤や残業の機会があることも覚えておく必要がありそうです。

薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C)2016-2017 薬剤師辞めたいナビ All Rights Reserved.