扶養範囲内の薬剤師求人

薬剤師辞めたいTOP >> 辞めたい薬剤師にオススメの求人 >> 扶養範囲内

扶養範囲内の薬剤師求人

配偶者がいる薬剤師にとっては扶養範囲内で働くかどうかも職探しを行っていくうえでの大事なポイントでしょう。よく「103万円の壁」といわれるように、扶養の範囲を超えて配偶者が収入を得てしまった場合、税制面でのさまざまなメリットが失われてしまうのです。それが気にならない程度に配偶者が多く収入を得られればあまり気にすることはないわけですが、扶養範囲よりも少し多い程度の収入だとかえって税の負担が大きくなってマイナスになってしまうことも多いのです。

この点は女性が多くを占める薬剤師にとって重要なポイントでしょう。夫婦揃ってフルタイムで働けるのなら扶養範囲を気にする必要はありませんが、子育てなど家庭生活との両立を目指す場合、女性薬剤師は忙しい家庭生活の合間を縫って働く場合には扶養範囲内に収まる範囲内で収入を得た方がよいケースも多いのです。忙しい思いをして一生懸命働いたのにかえって税の負担が大きくなってしまった、では元も子もありません。

現実的に考えて薬剤師が扶養範囲内で働く場合にはパート・アルバイトでの勤務となります。専門的な資格を備えた資格ですから、パート・アルバイトでも時給2000円以上など高収入のところが多いので扶養範囲内で収入を働いていく場合には働く時間がかなり短くなります。ですから1日2〜3時間、週3〜4日程度の勤務でもOKの職場から選んでいくことになるでしょう。

じつはこれが意外に難しいのです。薬剤師は人手不足に陥っているケースも多く、雇う側としてはできるだけ長く働いて欲しいと希望するため、1日2〜3時間程度で募集している求人は少数です。とくにドラッグストアの場合は同じ時間に勤務する薬剤師は1人だけといった職場も多く、1日2〜3時間程度ではシフトがうまく組めないといった問題も出てきます。

もうひとつ、仕事を探す範囲が限定されてくるのも求人探しを難しくしている要因です。1日2〜3時間程度の仕事をするのにあまり通勤時間がかかる職場で働くわけにはいきませんから、ごく近場の求人から探していくことになります。そのため自然と選択肢も限られてしまい、思うように見つけられない可能性も出てくるのです。

ポイントとしてはネットだけに頼らず地元周辺の調剤薬局やドラッグストアを直接見回って求人の貼り紙などをチェックする地道な情報収集を目指すこと。あるいは継続的に働き続けるのではなく、派遣などで短期間で集中して働く環境を目指すといった方法もあります。自分なりに合った環境で扶養範囲内で働ける職場を見つけましょう。

薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C)2016-2017 薬剤師辞めたいナビ All Rights Reserved.