見学のできる薬剤師求人

薬剤師辞めたいTOP >> 辞めたい薬剤師にオススメの求人 >> 見学のできる

見学のできる薬剤師求人

薬剤師は転職が多い職業といわれますが、その理由のひとつには求人情報などで入手できる事前の情報と実際に入職して働き始めた後の実態との間に大きなギャップが生じることが多い点が挙げられます。「事前の説明と違う」「イメージとの間に大きな差がある」といった状況で困惑したり、不満や失望を抱いて早々と働くモチベーションを失ってしまうといったことも起こりえます。

そんなイメージと実情とのギャップを解消するために役立つのが事前の見学です。職場の雰囲気や環境などは実際に足を運んで目で見て、肌で感じなければ理解できない面もあります。加えて担当者から説明を受ければ詳しいことも知ることができますし、担当者の接し方や態度からその職場が魅力ある環境なのかどうかを推しはかることができます。

しかし見学ができる求人は薬剤師全体の求人の中ではごくわずかです。その最大の原因は薬剤師の就職・転職先は見学を実施するほどの規模の大きなところが少ないことです。調剤薬局やドラッグストアで見学会や説明会を実施しているところはないといってもよいでしょう。どうしても病院などある程度の規模を持つ選択肢に限定されることになります。そのため自分がどの職種・職場で働きたいのかによって見学のメリットをどれだけ活かせるかどうか違ってきます。

見学のメリットがもっとも得られるのはやはり病院でしょう。とくに近年では病院薬剤師の役割が多様化しており、職場によって担当する仕事に違いが出てくる傾向が見られていますから、実際に見学して薬剤師がどのような環境で働いているのかを確認することは非常に有益です。たいていは病院のホームページで見学希望を受け付けているので気になる求人があった場合にはまずホームページを覗いてみましょう。随時募集しているところと決められた日時に実施しているところがあります。

それから製薬会社も、事前に職場の雰囲気など実情を知る機会が少ないので見学が情報収集の重要な選択肢となります。ただ病院に比べて見学会を実施している機会が少なく、必要なら直接問い合わせて見学を受け付けてくれるかどうかを確認する必要も出てきます。製薬会社は中途採用をあまり積極的に行っていないところも多いので色々な面でハードルが高くなることを覚えておきましょう。

調剤薬局やドラッグストアに関しては自分で直接足を運んで見学をするだけでも、求人情報では見えてこないさまざまなことが見えてくるものです。どの職種への転職を希望するにしろ、自分の足で情報収集を行う積極性を持ちたいところです。

薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C)2016-2017 薬剤師辞めたいナビ All Rights Reserved.