離職率の低い薬剤師求人

薬剤師辞めたいTOP >> 辞めたい薬剤師にオススメの求人 >> 離職率の低い

離職率の低い薬剤師求人

誰でも転職先ではできるだけ長く働きたい、できればそのまま定年まで勤めたいと思うものです。薬剤師は転職が多い職業でなかなかそれは難しいとも言われますが、だからこそこの点が転職時の重要な判断材料となります。

長く働ける職場かどうかはひとそれぞれ条件や理想によって判断が異なってくるわけですが、ひとつの目安となるのが離職率です。やりがいを感じられるか、待遇面がよいかどうか以前にその職場で働く薬剤師が定着しやすいかどうかを確認しておく必要があるわけです。実際のところ薬剤師の職場の中には給料面では非常に恵まれているものの、離職率が高くつねに人手不足に悩まされているところも少なくありません。むしろ好条件は人手不足を解消するための手段のケースも多いのです。

ですから長く働き続けられることを重視するなら離職率が低い薬剤師求人を探していくことが大事なのですが、ひとつひとつの求人に離職率のデータが掲載されているわけではありません。そのためまず全体の離職率が低めの職種の中から求人を探してみましょう。そのためにも職種別の離職・転職傾向を確認しておくことが大事です。

もっと離職率が低い職種といわれるのが製薬会社です。新薬開発など研究・学術の分野で働く薬剤師が多いこの職種はもっともやりがいを感じられ、しかもキャリアアップの機会にも恵まれていることもあって離職率が非常に低い傾向が見られます。また有名な製薬会社ともなると就職・転職に関する情報も豊富に入手することができるため、離職率の傾向も把握できます。全体的な離職率は2パーセント前後程度と非常に低く、全体で10パーセント程度といわれる薬剤師の離職率に比べて極めて低い水準となっています。ただ、離職率が低い点では魅力があるものの、転職のハードルが非常に高いためまずチャンスがあるかどうかを確認しておくことが大事です。

ついで離職率が低いといわれるのが門前薬局です。調剤薬局での勤務は医師の処方箋に基づいた調剤と服薬指導、薬剤の管理といった業務がメインになるうえ、門前薬局は経営が安定しているのでプレッシャーや不安が少ない環境で働くことができるのです。求人の数も多く安定性と転職のチャンスを考えるならこれが一番の選択肢でしょう。ただ、門前薬局に限らず調剤薬局は店舗によって離職率に極端な差が生じやすい傾向も見られます。少人数の薬剤師で運営されていることが多く閉鎖的な環境で人間関係のトラブルを抱えやすい、連日同じ仕事ばかりでルーチンワークに陥りやすいといった理由からです。そのため調剤薬局の求人を調べる場合には環境面にも踏み込んだ情報収集を心がけましょう。

薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C)2016-2017 薬剤師辞めたいナビ All Rights Reserved.