仕事の幅が広い薬剤師求人

薬剤師辞めたいTOP >> 辞めたい薬剤師にオススメの求人 >> 仕事の幅が広い

仕事の幅が広い薬剤師求人

薬剤師の就職先としてもっとも多いのが調剤薬局です。経営が安定しており、就業環境も安定しているので働きやすい職場とも言われていますが、その一方でルーチンワークに陥りやすいという面も持っています。基本的には医師の処方箋に基づいて調剤し、患者さんに対して服薬指導を行うのが仕事です。加えて薬剤の在庫管理などの仕事もありますが、こうした仕事内容はルーチンワークに陥りやすく、毎日同じような仕事を続けていくことでやりがいを感じられなくなってしまったり、キャリアアップの機会が得られず将来への不安を感じてしまうことも少なくありません。

調剤薬局に限らず薬剤師の仕事は専門的な知識が求められる一方、毎日同じような仕事内容を繰り返す傾向があるため、それがいやで転職に踏み切る場合には次の職場にはできるだけ仕事の幅が広い環境を求めた方がよいでしょう。そうした職場ならルーチンワークに陥ってしまうこともありませんし、いろいろなことにチャレンジし、経験を通して新たな知識・スキルを身につけていくことができるのでキャリアアップにも役立ちます。

そんな仕事の幅が広い職場の筆頭に上げられるのが病院薬剤師です。病院で働く薬剤師はここ10年ほどの間にずいぶんと就業環境に変化が生じており、ひと昔前とは比較にならないほど幅の広い役割が求められるようになっています。かつて病院薬剤師といえば外来向けの調剤・服薬指導がメインの業務でしたが、医薬分業の推進もあってこの役割は大きく後退し、代わって入院患者を対象とした業務が増えています。治療に使用する薬剤の調剤・製剤、注射や点滴に使用する薬剤の調剤、化学療法に使用する薬剤の調剤、救急救命に関わる業務、医薬品情報の収集・提供、さらに患者さん向けの相談業務などを担当することもあります。他の職種から転職する場合にはこれまで経験したことのない仕事で薬剤師の業務の新しい一面を見ることもできるでしょう。

調剤薬局の中でもチェーン展開を行っていく大手の店舗では薬剤師の仕事の幅がひと昔前に比べてかなり広くなっています。とくに増えているのがOTC業務。医師の処方箋に基づいて調剤するだけでなく、一般の医薬品を扱う環境でお客さんの症状や希望に合わせて適切な医薬品を紹介する仕事です。そのほか在庫管理や接客業としての要素など、薬剤師の枠にとらわれない仕事を担当する機会が増えています。ドラッグストアの役割をかねているところ、ドラッグストアが調剤薬局の役割を兼ねているケースなどもあるので求人情報だけでなく店舗の情報に関しても詳しく確認しておくとよいでしょう。

薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C)2016-2017 薬剤師辞めたいナビ All Rights Reserved.